世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

イスラム圏で一番治安が良いモロッコのメディナのバザールで買い物天国を楽しもう

      2017/04/27

モロッコはヨーロッパの人達が気軽にアフリカ気分を味わえる人気の観光地です。最近日本でもモロッコが注目され始めたと聞きました。雑貨や美容品などが話題となり、特に日本の若い女の子達が何時か訪れてみたいと思う国なのだそう。ヨーロッパ在住18年目のフードライターが素敵な人達に出会いながら世界中を食べ尽くすの記録。今回は十数年来モロッコに通い続ける私から、モロッコのすすめ。

スポンサーリンク

 

モロッコは危ないのか、イスラム教=テロリストの間違った認識

102

テロの影響で最近はイスラム圏へ旅行する人達が少なくなってきています。昔からモロッコ、そしてイスラム圏が大好きな私としてはとても悲しい現状です。最近イスラム圏の国々が話題にのぼる事が多くなりましたが、何だかやけに物騒な話ばかり。

世界でも有数の安全な国に住んでいる日本人にとって、テロの問題があるイスラム圏は大変危険な国なのかもしれません。勿論注意はした方がいいです。でもイスラム圏の国の人達が全てテロ行為に携わっている訳ではありません。イスラム圏=テロの認識が広まっている現状が本当に悲しい。

治安の面で色々と不安のあるイスラム圏。でもモロッコは昔からテロとは縁遠く安全な国です。モロッコはアフリカ、そしてイスラム圏にありながら何だかとってもヨーロッパなんです。景色や人、色々な事が完全にイスラム風なのですが、それでもやっぱりヨーロッパ的な、変に安心感のある国です。とは言っても注意は怠らずに、魅惑溢れるイスラムの世界を楽しんで頂きたいなと思います。

 

お買い物天国モロッコには女の子の大好きが溢れている

f6

モロッコはとにかく女の子が大好きなモノで溢れています。可愛い雑貨、色鮮やかな革製品、幾何学模様が美しいアクセサリー、自然派の美容品。

特に大人気なのがバブーシュと呼ばれるモロッコの伝統的な革製のスリッパ。とてもカラフルで色々なデザインがあって、もうメチャクチャ可愛い。お値段もお手頃なのでお土産にぴいたりです。ちなみに安いバブーシュは革製ではないので注意しましょう。

モロッコと言えばモロッコ絨毯も有名ですね。ベルベル人の伝統的手法で作られた繊細な模様の絨毯は、色、デザイン、大きさが豊富で昔からモロッコで一番人気のお土産です。

日本でも有名になったタジン鍋や、イスラム風の煌びやかなランプ、モロッコでしか生産されない美容オイル、アルガンオイルなんかも大人気です。

メディナと呼ばれる旧市街へ行けば、迷路のような細い小道の両脇に色々なお店が連なっています。すんごい数のお店です。一度足を踏み入れたら出られない、お買い物好きにはたまらない国、それがモロッコです。

 

買い物天国モロッコは3大ウザい国 

f2

買い物天国モロッコ。でもモロッコが買い物天国と言うよりか、商人の為の宗教とも言われるイスラム教のイスラム圏は何処だって買い物天国なのです。バザールと呼ばれる市場に足を踏み入れれば直ぐに分かります。どの街にだって凄い規模の市場があります。

イスラム圏の大きな特徴は「定価がない」。何事においても決まった価格が無いのでイチイチ値段を交渉しなければなりません。高額な絨毯は勿論、一杯のフレッシュジュースに関してでさえも。

お店の客引きも凄いです。強引です。それにひきさがりません。そこらへんはもう、心してかからなければならない国です。世界3大ウザい国の肩書をなめてかかっちゃいけません。

301

 

イスラム圏での買い物で一番重要な事:自分が満足したらそれでOK

1002

スポンサーリンク

よく旅行者の皆さんから「仕入れ値で買った」「言われた値段の10分の1にしてやったぜ」とかの武勇伝を聞きます。でも実際にはイスラム圏の商人達に勝ち得た旅行者なんて存在しません。イスラム商人達は絶対損しないんです。言い値の10分の1で買えたなら、それだけ原価が安く、最初に表示された価格設定が高かっただけです。

どうあがいてもイスラム商人には絶対勝てないので、値段は自分が満足したらそれでOK。定価はあなたの満足度で決まるのです。一度購入したら他の場所で値段を聞く事は絶対止めましょう。勿論イスラム圏では必ずふっかけてくるので最初の言い値そのままで購入してはいけません。

 

イスラム圏での買い物の仕方 ふっかけ商人達とどう戦うべきなのか

1

これいくらですか?

ー1000円でどうだ?

ちょっと高い。500円しか持ってないです。

ー冗談じゃない、そんな金額では売れない。

じゃあ、買えないです。失礼しました。

ー待て、じゃあ、750円でどうだ。今日は特別だ。

でも本当に500円しか持ってないんです。失礼します。

ーまだ交渉は終わってない。650円だ。日本人ってのはケチだな。お金持ちの日本人はもう絶滅したのか。持ってけ泥棒、650円だ。

だから本当に500円しかないんです。おつとめご苦労様でした。ではっ。

ー待て、待つんだ。しょうがない。お前には負けたよ。完敗だ。誰にも言うなよ。500円だ。

大抵の旅行者がこの購入パターンになるかと思います。まず初めに半額の500円でスタートしたので、これ以下で購入する事は絶対不可能です。イスラム商人達はソコ、完全に死守します。

実際には500円で売っても売り上げが出る価格なんだと思います。だから時間と根気がある人なら100円位から始めたっていいと思います。でもプロのイスラム商人と交渉して最終的に200円で購入出来たとしても、そこに至るまでの労力と時間を考えると半額スタートでもういいやって気分になります。

朝起きて、寝るまで、毎日何時だって何だってイスラム圏では価格交渉なんです。だからメンドクサくなって言い値で全部買っちゃう観光客も少なくないです。皆さまも是非一度、日本では考えられないウザさ加減を体験なさってみて下さい。

勿論モロッコにはウザい客引きだけでなく、エキゾチックで美しい風景、素晴らしい大自然、色々と素晴らしいモノが揃ってます。そして何と言っても極めつけは食べ物、モロッコは何を食べても美味しくて、物価も日本と比べたらメチャクチャ安いんです。旅をするのが本当に楽しい国なので、私、全力でモロッコをお勧めします。

 

世界中の宿探しに一番便利なサイト

宿泊は何時もBOOKING.COM(ブッキング・コム)で探しています。高級なホテルからバックパッカー御用達のドミトリータイプの安宿まで幅広く検索でき、何より割引率が凄いのが嬉しい。現地払いの安心感、何回か利用するとアーリーチェックインやレイトチェックアウトの特典が付くのも魅力の一つ。私は新しい街には朝早く着きたいタイプなので、何時も特典を使って通常より早い時間にチェックインします。重たい荷物も置けるし、一番好きな部屋も選べるし本当に便利です。

 

海外旅行で一番必要なものはWIFI。一番見つけるのが困難なのもWIFI。これさえあれば平気。

町の情報や美味しいレストランを探したり、道に迷った時だってWIFIさえあれば全然平気。リアルタイムで写真もUP出来ます。本当に便利なので絶対持って出かけましょう。

 - アフリカ, モロッコ