世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

ノルウェーの養殖サーモンが環境や体に及ぼす問題について

      2017/09/25

日本のスーパーで売っているお刺身や回転寿司などでお馴染みのピンク色のサーモン。実は全部養殖です。そしてその殆どがノルウェーから輸入しています。北欧と言えばサーモン。私はそんな認識をしていました。でも実際にサーモンを養殖しているのは北欧の中ではノルウェーだけ。そして世界全体で養殖されているサーモンの50%近くがノルウェー産です。何故ノルウェーが世界一のサーモン養殖国となったのでしょうか。そしてサーモンの養殖の問題点とは何なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

マグロに負けず劣らずな人気のサーモン。でもその殆どは養殖。

3

日本人のマグロ好きは世界的に有名ですがサーモンだって負けず劣らずの人気です。若者を中心に日本人は年々魚を食べなくなってきています。でもサーモンだけは別物。昔と比べて3倍近く消費量伸びています。

サーモンは日本に限らず全世界で消費量が伸びているのに漁獲量は横ばい。例えば人気の高い大西洋産のサーモン「アトランティックサーモン」は年々漁獲量が減っています。特に1990年代からの減少が激しい。それを補うように急増しているのが養殖サーモンです。今では世界に出回っているサーモンの7割近くが養殖だと言われています。

現在日本が輸入している養殖サーモンの殆どがノルウェー産です。全世界で消費されている養殖サーモンの半分がノルウェー産ですから。ではどうしてノルウェーはそんなに養殖サーモン業が盛んなのでしょうか。それはノルウェーの寒冷な気候がサーモンの飼育に適した水温を保ち、入り込んだフィヨルドの地形が養殖に大変適しているからです。

 

ノルウェーの養殖サーモンが環境に与える影響

1

かつてサーモンは高級魚でした。今では養殖のおかげで大衆魚となりました。それは消費者にとっては嬉しい事なのですがサーモンの養殖には悪い面があります。

まずはサーモンの養殖が引き起こす環境破壊の問題。養殖サーモンの餌とする為に大量の小魚が乱獲され、天然サーモンや他の魚の餌が少なくなってきています。

困ったことに年間大量の養殖サーモンがいけすから大海へ脱走します。脱走した養殖サーモンに縄張りを荒らされ、ただでさえ少なくなっている天然サーモンの餌が更に不足しているのです。

スポンサーリンク

脱走サーモンの問題は深刻で、いくつかの河川では観測される50%以上のサーモンが養殖サーモンだったりします。閉ざされた場所で育つ養殖サーモンには独特の寄生虫がつきます。そんな養殖サーモンが大海へ脱走する事により天然サーモンのみならず他の魚介類にも寄生虫の問題が発生してしまうのです。

養殖サーモンが天然サーモンと交尾し、遺伝子が混乱してしまう事も懸念の一つです。

IMG_3642

 

まだまだある問題点 養殖サーモンが人間に及ぼす影響

養殖サーモンは環境だけでなく、それを食べる人間にも影響を及ぼします。寄生虫や他の病気を防ぐ為に養殖サーモンに投与される抗生物質等の科学薬品は、海洋汚染になるだけでなく、養殖サーモンを消費する人間の健康にも影響を及ぼすからです。

更には養殖サーモンで使われている染料の問題もあります。天然サーモンの身は自然の中で食べるオキアミ、小エビやカニの殻にアスタキサンチンが含まれているので身が赤っぽいオレンジ色になります。養殖サーモンはアスタキサンチンを含んだ餌を食べる事がないので、身の色が灰色っぽい感じになります。

それでは消費者の人達が納得しないと分かっている養殖業者が合成色素で養殖サーモンの身を染色する事が多いんです。私達が見慣れている養殖サーモンの綺麗なピンク色は自然の色ではなく染められた色なんです。

それに養殖サーモンは小さな場所に押し込まれ、早く大きくなるように品質改良され、太るように沢山の餌を食べさせられて育ちます。色々な問題を抱える養殖サーモンに対する反感は強くなってきていて、サーモンはもう魚じゃない、ブロイラーのニワトリ以下だ、なんて批判する人も多いんです。

  

皆で考えてみよう。これからの養殖サーモンのあり方。

IMG_3611

皆が大好きなサーモン。世界の需要の伸びに対応するには養殖サーモンの存在が必要です。今後サーモンの養殖がどのように改善、発展していくのかに注目が集まっています。

そしてそれはノルウェーだけの問題ではなく、日本の問題でもあります。ノルウェーと言えばサーモン、サーモンと言えばノルウェー。そしてノルウェーから一番養殖サーモンを輸入している国が日本だからです。日本だけに限らず、これからもずっと美味しいサーモンが食べられるように、全世界の人達で養殖サーモンのあり方を考えなくてはならない時代になったのかなと思います。

 - ノルウェー, 世界の観光、文化、雑学のまとめ , ,