世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

スペインのアンダルシア地方で一番有名な白い村、ロンダへの行き方、楽しみ方

      2018/06/22

スペイン在住18年。一番美しい村は?と聞かれたらロンダと答えます。人口3万5千人のロンダは、村と言うには大き過ぎるかもしれません。でものんびりとして、高い建物がある訳でもないので「大きな白い村」みたいな感じでしょうか。ロンダ周辺には素朴素敵な白い村が点在しています。ロンダを拠点としてスペインの白い村巡りをするのが一番賢いプランかなと思います。レストランやおみやげ物さん、町が大きい分選択肢も多い。

スポンサーリンク

ロンダで何を見る?何をする?

プエンテ・ヌエボ(Puente Nuevo)

新しい橋、を意味するけど、そんなに新しい訳じゃない。ちかくにローマ時代に作られた橋があり、そちらを「古い橋」と呼ぶので、それに比べたら何もかもが新しくなる。新市街と旧市街を結ぶ、100mの断崖絶壁にかけられた橋。高所恐怖症だったら下を覗くのも怖い。橋の上から眺めるアンダルシアの大地も素敵だけど、一番のビューポイントは新しい橋とロンダの街並みの圧倒的な大パノラマを楽しめる崖の下。旧市街の城壁を抜け右に行くと乗馬クラブがある。その横の砂利道をひたすらに降りていけばいい。一応タクシーも通れる道なので、時間がなかったらタクシー。それだけの価値がある素晴らしい絶景。

プラサ・デ・トロス (Plaza de Toros)

ロンダは闘牛の聖地としても有名。スペイン最古で、かつ一番美しいとされる闘牛場があり、現在の闘牛のスタイルを完成させた、伝説的な闘牛士フランシスコ・ロメロが生まれた街でもあるから。彼は引退後ロンダに闘牛士学校を作り、多くの有名な闘牛士を送り出した。

1785年に建設された収容人数5000人ほどの小さな闘牛場だけど、ここで闘牛できる事は大変名誉な事とされる。著名な闘牛士のクオリティの高い闘牛を見る事が出来るので、夏にロンダを訪れたのなら一度闘牛を見てみる事をお勧めする。箱が小さい分近くで見る事が出来るので、すごい、と思う人と残酷、と顔を背ける人で両極端になると思う。

ムラ―ジャス・アラベス(Murallas Arabes)

アラブの城壁。ロンダの街は100mの断崖絶壁の上にあり、更には城壁で囲まれている。これほど攻めにくい場所も珍しい。城壁の上を歩くようには整備されていないけど、見張りもいないので勝手に歩く事は出来る。高所恐怖症だとちょっと怖いかもだけど、是非とも登ってゆっくりしてほしい。遠くまで見渡せて、遠くの時代に思いをはせていると、何時の時代に自分がいるのか忘れてしまう。特に夕暮れ時の美しさは言葉にならない。

カジェ・デ・ラ・ボラ(Calle de la bola)

ロンダの目抜き通り。観光客よりも地元の人達で何時も賑わう。カワイイお店、美味しいレストラン、色々と並んでいるが一番楽しいのはスペイン人ウォッチング。ロンダの人達にとって、この道を着飾って行ったり来たりする事が一番の娯楽らしい。何か古き良き時代っぽい。

ミラドール・デ・アルデウエラ (Mirador de Aldehuela)

IMG_9705とにかく凄いロケーションにある町なので展望台が沢山ある。中でも絶対見逃せないのがアルデウエラ展望台。なんか本当に宙ぶらりんって感じなので、高所恐怖症の人なら足を踏み入れる事も不可能。

 

ロンダで何を食べる?

ロンダは美しいだけでなく、美食でも有名な場所。何食べても美味しいし、安いです。特にセラニートと呼ばれる豚の背肉のサンドウィッチは絶品。闘牛場の前にあるレストランは牛の尻尾の煮込みで有名です。とにかくロンダはレストランの質が高い。それでいて安い。観光客向けというか、舌の肥えた地元の人向けにスペイン料理をだしてるので間違いようがない。何処で食べても美味しいです。

 

スペインの首都マドリッドからロンダへの行き方 電車編

IMG_9695スペインの首都マドリッドからロンダへはスペイン鉄道のALTARIAの直通電車で行けます。時間は4時間程。通常料金は70ユーロ程しますがインターネットの早割プロモーション料金で切符を購入すれば正規金額の半額位になるのでとってもお得。3日前購入で50ユーロぐらい。一週間前購入が可能ならば30ユーロ代で行けます。もう断然お勧め。マドリッド発で早め早めに予定を立てる事の出来る計画的な旅人ならこれがベストの選択です。

スペイン語もしくは英語が分からないと少しハードルが高いかもしれませんが、時刻表、そしてチケットの購入まで出来る便利なスペイン鉄道のサイトはこちらです。→ RENFE(スペイン語または英語)

 

マドリッド⇔ロンダ間の交通手段 バス編

事前に予定を立てる事が出来る計画性のある旅人なら電車がお勧めですが、明日の事は明日にならないと分からない、私のようなタイプの旅人ならバスで行きましょう。当日でも2週間前に買ってもマドリッド⇔ロンダ間は値段が変わりません。マドリッドの南バスターミナル(ESTACION SUR)からバスは出ています。スペインは鉄道や飛行機が高いのでバスが一番安く行ける事は確かです。マドリッド⇔マラガ間は当日券の片道で25ユーロ位。

スポンサーリンク

ただバス利用の難点は時間がかかり、乗り換えがあってメンドクサイ事。マドリッドからロンダまでの直通バスがないのでマラガ乗り換えになります。マドリッド⇔マラガ間で6時間から7時間ちょっと。マラガ⇔ロンダで2時間弱かかります。

スペインのバス会社のサイトはこちら→ ALSAのバス

 

一番便利でお勧めな交通手段はレンタカー

アンダルシア地方は公共の交通手段が発達していません。それに公共の交通手段で行けないような村の方が素晴らしい場所である事が多いです。アンダルシア地方には可愛らしい、素敵な白い村が点在しています。そんなアンダルシア地方を周るのに一番のお勧めはレンタカーです。スペイン人は余り英語を話しません。何故だか公共の交通機関に携わっている人は特に話しません。色々な意味のトラブルを避ける為にもレンタカーは一番良い交通手段なのかもしれません。

しかもこのサイトを使えば各国のレンタカーの価格を知る事が出来、他社との比較もしてくれるので一番安いレンタカー会社と事前に日本語で予約する事が可能です。本当に便利で良い時代になりました。

 

マラガ⇔ロンダの移動手段 バルセロナ発の場合も適用

IMG_9686

スペインの首都マドリッドからロンダへは直通の電車がありますがバルセロナからはありません。そもそもスペインはとても中央主義なので何処へ行くにもまずマドリッドへ行った方が早いです。レンタカーでならバルセロナからアンダルシアへ海沿いをガガーッと移動するのもアリだと思います。見所満載ですから。レンタカー、公共いずれにせよマドリッドを経由して行った方が早くて安いです。お金に余裕があるなら時間短縮の為にも飛行機でマラガまで行くのが一番良いでしょう。

マラガ⇔ロンダ間で一番便利なのはバスです。安くて本数が多い。アンダルシア地方ならALSAのバスよりLOS AMARILLOSのバスの方が全地域をカバーしていて断然便利です。マラガからロンダへは二時間程かかり、朝8時が始発で最終のロンダ行きが20時です。だいたい二時間おきぐらいにバスは出ていますが、お昼時は4時間位バスが無いので注意しましょう。アンダルシア地方では今でもシエスタが絶体です。バスもシエスタの時間は存在しない事が多いので注意が必要。金額は11ユーロぐらいです。

このようにバスを乗り継いでいくと時間はかかりますが電車の一週間前割引と同じ値段でロンダに辿り着く事が出来ます。かなりの長時間になりますが当日に着く事も可能です。でも日にちに余裕のある旅行者なら、直接ロンダまで行かずマラガで一泊してからロンダへ行くのどうでしょうか。ピカソが愛して止まないマラガの街は本当に素敵な場所です。地中海の光り輝くビーチもあります。陽気な人達と美味しい食べ物、美しい建築物に囲まれるマラガ滞在、是非お勧めします。

LOS AMARILLOSのバス

マラガ⇔ロンダ間の交通の注意点

アンダルシア地方にはLOS AMARILLOS社の他にも沢山のバス会社があります。マラガ⇔ロンダ間も他のバス会社を使って似たような値段で行くことが出来ます。でも海岸沿いのルートは要注意。特に車に酔いやすい人はやばいです。マルベージャからロンダまでの道程が凄すぎるカーブの連続なんです。断崖絶壁をくねくねと道路が走っているので見るだけなら面白いです。大変素晴らしい景色が広がっています。でも車に酔いやすい人なら一発でアウト。スペインで一番酷いカーブが連続する過酷な山道です。

少し値段が高くなり、乗り換えも面倒ですがマラガ⇔ロンダ間は鉄道の旅がお勧めです。深い渓谷の中のトンネルを電車は走っていき、車窓が本当に素晴らしいです。うっとりする景色の連続です。マラガのバスターミナルと鉄道駅は隣同士なので、そんなに乗り換えで歩く事もありません。

スペインの格安宿の見つけ方

宿は何時もBOOKING.COM(ブッキング・コム)で探しています。高級なホテルからバックパッカー御用達のドミトリータイプの安宿まで幅広く検索でき、何より割引率が凄いのが嬉しい。現地払いの安心感、何回か利用するとアーリーチェックインやレイトチェックアウトの特典が付くのも魅力の一つ。私は新しい街には朝早く着きたいタイプなので、何時も特典のアーリーチェックインで他の人達より早く宿にチェックインします。重たい荷物の心配もいらないし、一番好きな部屋を選べるのでメチャクチャ便利。

 - スペイン, ヨーロッパ