世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

世界のレシピ ハンガリーの定番家庭料理、皆が大好きなパプリカーシュチルケのレシピ

      2017/04/16

ヨーロッパ在住18年目のフードライターです。世界中で素敵な人達に出会いながら、世界中を食べ尽す旅に出ました。今回訪れたのは東欧のハンガリー。首都ブタペストでホームスティをしながらハンガリーの家庭料理を学んでいます。遊牧民風の昔ながらのやり方でハンガリーのおばあちゃんに家庭料理の定番パプリカーシュチルケを作ってもらいました。チキンをパプリカで煮込んだ料理なんですけど激うま。レシピを大公開しちゃいます。

スポンサーリンク

 

ハンガリーで一番愛されている料理、パプリカーシュチルケ

1

ハンガリーを代表する料理で、ハンガリー人なら誰もが大好きな料理がパプリカーシュチルケ(Paprikás Csirke) 。チキンとパプリカを煮込んだ料理なのですが、どんな料理か想像つきますか?こってりして、さっぱり、そして少しスパイシー。もう本当にメチャうまなのでハンガリーへ行ったら絶対忘れずに食べて頂きたい味です。

余りにも美味しすぎたので、家に帰っても作れないかとレシピを教えて貰いました。今回お邪魔したのはハンガリーの首都、ブタペスト郊外に住むマリアさんの家族。今回は特別に近所に住むおばあちゃんの家の庭で、ボクラーチと呼ばれる大きなホーロー鍋を使って、昔ながらのやり方で皆が大好きなパプリカーシュチルケを作ってくれました。

 

ハンガリー人なら誰もが大好きなパプリカーシュチルケのレシピ

パプリカーシュチルケの材料

鶏もも肉 1キロ
※鶏肉は大きめで皮付き、そして骨付きを使って作るのが一番美味しいです。間違っても他の部位を使ってはいけません。特に胸肉はパサパサして美味しくなくなります。

玉ねぎ 2個

トマト 3個

パプリカ 2個

パプリカパウダー 大さじ 3杯
※絶対に辛くないパプリカパウダーを使って下さい。

塩 適量

ワイン 200ml

サワークリーム 200ml

スポンサーリンク

 

パプリカーシュチルケの作り方

    1. 細かく刻んだ玉ねぎを油でしんなりするまで炒めます。
    2. しんなりした玉ねぎに白ワインを少し加えパプリカパウダーを溶かします。
      ※パプリカパウダーはとても焦げやすいので注意が必要です。焦げると強い苦味が出ます。
    3. 塩で下味をつけた鶏肉を加えます。
    4. パプリカソースと鶏肉をよく混ぜ、鶏肉の表面の色が少し変わったら小さく切ったトマトとパプリカを加えます。
    5. 少し煮たら鶏肉が隠れるくらいの水を加え強火で煮込みます。
    6. 煮たったらワインを加え蓋をして、弱火でコトコト1時間程煮込みます。
      ※煮込みに使うワインはなくても大丈夫です。ハンガリーでは安いワインが余りないので使わない人も多いです。ただやっぱりワインを使って煮込む方が味に深みが出ます。
    7. 最後の仕上げにサワークリームを加えます。ダマにならないよう一度火からおろし冷ましてからサワークリームを入れます。その時に泡立て器を使ってかき混ぜながら少しずつサワークリームを加える事も大切です。
    8. 再び火に戻し少し煮たら完成です。

遊牧民であったハンガリー人の昔ながらの調理法

IMG_6188

何時もは勿論キッチンで作りますが今日は特別に野外で作りました。ハンガリーの主要民族であったマジャール人は遊牧民族でした。なので昔ながらのやり方で料理する、と言えば遊牧民が昔暮らしていたように外で大きな鍋を使って調理する事を言います。この大きなホーロー鍋、ハンガリー人の家庭には常備されていて、キャンプ場へ行ったりした時なども使うそう。

 

味の決め手はパプリカパウダーとサワークリーム

作り方はとても簡単なのに何だかメチャクチャ美味しいパプリカーシュチルケ。濃厚な味なのにサワークリームの酸味が良い感じに作用してクドくありません。私もすっかり大ファンになりました。

今回は昔ながらの手法でアウトドアクッキングでしたが、火加減の調整が難しいので家で普通に作った方が断然簡単でいいと思います。でも天気の良い日に皆でワイワイ外で食事を作って食べるのは格別の美味しさ。

味の決め手はパプリカパウダーとサワークリーム。この2つが入手出来るなら他の材料が足りなくても大丈夫だと思います。なので皆さんも是非ご家庭で、本場ハンガリーの味を楽しんでみてください。

 

 - ハンガリー, 東欧 ,