世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

パタゴニア氷河とパタゴニアの自然に関する知識、雑学のまとめ

      2017/09/25

アルゼンチンとチリにまたがるパタゴニア地方は世界中の観光客を引き寄せる一大観光地。一番の魅力は圧倒されるような大自然。何を見ても素晴らしいパタゴニア地方ですが、観光の目玉となるのはやっぱり氷河ではないでしょうか。パタゴニア氷河ツアーに参加して、物知りガイドさんから聞いた色々な情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

パタゴニアのロス・グラシアレス国立公園とは

IMG_9240
・1981年にユネスコの世界遺産に登録された。

・南極、グリーンランドに次ぐ世界第三の大きさの南パタゴニア氷原を有する。
・この地域は冬でも気温が-5度前後しか下がらず、氷河は溶けたり凍ったりを繰り返している。
・アンデス山脈の上に常に雪が積もるので氷河の重みが増し、山の斜面をどんどん押し出されてくる。
・気温が上る夏にはビル程の高さの氷の塊が大きな音とともに一気に湖に崩れ落ちる。
・空気を殆ど含まない透明な氷は青い光だけを反射して他の色を吸収する。その為特有の美しい青い氷河となる。

 

パタゴニアのペリト・モレノ氷河とは

・サンタクルス州南西部にあるロス・グラシアレス国立公園内にある氷河。
・非常にアクセスが簡単なので人気がある。
・250平方キロメートルの氷があり、長さは30kmである。
・アンデス山脈にある南パタゴニア氷原から流れ出す48の氷河の一つ。
・この氷原には地球上で3番目に多い淡水がある。
・ペリート・モレーノ氷河はパタゴニアの氷河の中で3つしかない後退していない氷河。
・国境問題のエキスパートであったフランシスコ・モネロと呼ばれる人物が名前の由来。彼自身は余り氷河との関連はないが、パタゴニアを探検しアルゼンチンとチリの国境を作った功績がある。
・アルゼンチン最大の1500平方キロメートルにも及ぶアルヘンティーノ湖に面している。
・氷河が形成されたのは1億年前から5000万年前にかけて。
・ペリト・モレノ氷河は毎日2~4mも移動しているので、氷河の先端部分は非常にもろく、崩れやすい。
・夏の終わりともなれば気温の上昇によって脆くなった氷河が大崩壊する。
・湖の水の浸食によって氷河は常に削られているが、同時に1年を通して氷河が形成されているので減りも増えもしない珍しいタイプの氷河。

スポンサーリンク

 

パタゴニアのウプサラ氷河とは

IMG_8863 (2)
・ロス・グラシアレス国立公園内にある最大の氷河。
・現在は60km。ペリト・モレノ氷河の2倍の大きさ。
・昔は80kmあった。これはウプサラ氷河の急速な後退を意味しており、地球温暖化の証拠と言われている。
・湖の底に氷河が届いていないので浸食が起こる。氷河が分解し、氷山となって湖を流れる。
・ペリト・モレノ氷河の周りでは殆ど見る事のない氷山がウプサラ氷河の周辺には沢山ある。
・周りの環境が安定していない為近寄るのは危険。だからペリト・モレノ氷河のように近場で見る事は出来ない。
・この地域の最初の氷河研究を支援したスウェーデンのウプサラ大学が氷河の名前の由来。

 

氷山とは何なのか

・氷山の一角、と言われているように目に見えるのはほんの一部。
・真水の場合10%が水の上に出て90%は水の下に沈む。
・海水の場合30%が水の上に出て70%が水の下に沈む。
・南極は大地がある。厚く蓄積された氷床の一部が決壊し、氷山となる為平らな氷山となる。その他の氷山は山から落ちてくる氷河が決壊して出来る。だからフラットではなく三角形。

IMG_8777 (2)


 

氷河とは何なのか

・氷河とは山地では重力、平坦な大陸では氷の重さによる圧力によって流動する巨大な氷の塊の事。
・氷河の中で最も大規模なものは氷床(ひょうしょう)。南極大陸とグリーンランドのみに存在する。
・グリーンランドの氷床が融解した場合は6m、南極の氷床の場合は65m上昇する
・氷河の温度は表面の状態で見分ける事が出来る。氷河本体が表面に出ている場合は融解しつつあり、乾いた雪によって覆われている場合は、たとえ夏でも融解しないとされている。
・比較的温度の高い氷河は融解と凍結を繰り返し、ザラザラしたネヴェと呼ばれるざらめ雪を主成分とする。
・氷河の氷は氷と雪の層の下で圧力を受け融解し、フィルンという氷の粒に変化する。
・フィルンの層は一定の年月を経ると更に圧縮されて氷河の氷となる。

 

フィヨルドとは何なのか

・氷河によって形成されたU字谷が沈水して形成されるので寒帯の地域に多く形成される。
・数万年もの時間をかけて数千メートルも降り積もった雪が解けずに固まり、氷へと変化した氷河が自分自身の重みによって山の斜面を下り、滑りながら底にある地面を深く鋭く削りとり、深い谷を形作る。
・氷河時代の終わりごろに氷が融けて海面が上がったために、この深い谷の一部が海に沈むことで形成されていったもの。

 - アルゼンチン, 世界の観光、文化、雑学のまとめ, 中南米 ,