世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

アマゾン川へ行ったらピラニア釣りを楽しもう ピラニアに関する全て

      2017/05/25

世界で一番流域面積が多きアマゾン川。その面積はオーストラリア大陸に匹敵する程です。前回のポストで世界3大の川、アマゾン川に関する全て&そこに生息する生き物 をご紹介しました。今回はアマゾンで一番有名な生き物、ピラニアについて徹底解説。

スポンサーリンク

 

アマゾンで一番有名な生き物はピラニア。ピラニアとはどんな魚なのか?

14

アマゾンと言えばピラニアではないでしょうか。アマゾン川だけでなく南アメリカの熱帯地方全般に生息している獰猛な魚です。ピラニアは現在24種類が確認されていますが、動物などを襲うピラニアは10種類程度なのだそう。その中で一番獰猛なのが赤い色が入ったピラニアで、地元の人達は「赤い悪魔」と呼んでいます。

鋭くとがった歯が特徴で、鉄の文化がなかったアマゾン周辺の先住民達はピラニアの歯で髪を切り、狩りに使う吹き矢などもピラニアの歯で研ぎました。体長は小型の種で15cm、大型の種では60cmにも到達します。

ピラニアは肉しか食べないと思われがちですが果物も食べます。1000万年程前に草食の魚類から進化しました。今だにそんな大昔の草食系の気質が残っているのか性格はとても臆病です。だからこそ単体でいるより群れる事を好み、獲物から常に距離を取って安全圏を保ちながら盗み取るように高速で泳いで食らいつきます。

臆病なピラニアですが、集団でいると血液の匂いや水面を叩く音に敏感に反応して興奮状態になる事があります。そうなると水面が盛り上がる程の勢いで獲物に食らいつき、一瞬にして獲物を骨にしてしまいます。そんなシーンをテレビなどで見た方も多いのではないでしょうか。

人間を襲う事は滅多にありませんが、鋭利な歯と強靭な顎を持つ肉食性の魚です。ピラニアを興奮させる可能性のある出血状態、怪我をしていたり生理中などはピラニアの棲息地に入る事は全くお勧めできません。ピラニアに限らず、アマゾン川には人に害を及ぼす事の出来る生物が多く生息しているのでアマゾン川には迂闊に入らない方が良いです。

 

アマゾン川を訪れる観光客に大人気のアクティビティはピラニア釣り

13

スポンサーリンク

ピラニアはアマゾン観光の立役者です。剥製にされてお土産として売られる他に、ピラニア釣りはアマゾン川を訪れる観光客に大人気のアトラクションです。実はピラニア釣り、そんなに難しくはありません。群れで生息し、同じ場所から動かない習性があるのでベテランのガイドさんともなればピラニアが何処に居るのかきちんと熟知しています。なのでガイドさんと一緒に行って、言われた場所に言われた通りに釣り糸を垂れれば、誰でも簡単にピラニアを釣る事が出来ます。

ピラニアを釣るのに専門的な釣り竿なんて必要ありません。適当な長さの棒にしっかりと糸を巻き付け、糸の先端に釣り針をつけるだけで充分。針を隠すように小さく切った牛肉をつけ、ピラニアが生息している場所に釣り糸を垂らします。

ピラニア釣りのコツ

ピラニア釣りで忘れてはいけないのは、釣り糸を垂れる前に水面を3~4回釣り竿でパシャパシャっと叩いて音を出す事です。暫く待って何もあたりが無ければ再び竿をあげ、餌の有無を確認し、再び水面をパシャパシャっと叩いてから釣り糸を垂らします。この音でピラニアさん達は獲物が落ちてきたと勘違いするらしいです。

私はピラニアさん達が食べたいだろうなと思う餌を想像し、それなりの音を出す事に集中しました。とは言ってもピラニアさん達の好みが良く分からなかったので、自分がその時に一番食べたかったイチゴ大福が落ちた時の音をイメージして音をたててたらピラニア釣れちゃいました。

ピラニアのひきはとても強いです。グイッと来た瞬間に釣り竿をクイッと上に引き上げます。ピラニアはとても迅速なので、このクイッの動きを出来るだけ素早くする反射神経もとても大切です。

ただ季節はとても重要です。乾季には面白いように釣れるピラニアも雨季には滅多に釣れません。

 

釣ったピラニアはロッジで料理して食べさせてくれる

18


釣れたピラニアは噛まれる事もあるのでガイドさんに釣り針から外してもらいましょう。ロッジに持ち帰ると夕飯時にから揚げ等にして食べさせてくれました。ピラニアはタンパク質が豊富な、プリプリっとした美味しい白身の魚。でも骨が太くて余り食べるところがありません。喜々として食べるのは観光客だけで地元の人達は余り食べない魚なのだそう。乾季だと短時間で山のようにピラニアが釣れるので、地元の人達はもっぱらスープのダシにするのだそう。

ピラニア釣りにテクニックや忍耐は必要ありません。糸をたらせば直ぐひっかかるのがピラニア。でも季節を間違うと全然釣れません。乾季だと面白い程よく釣れるピラニアも、雨季だと殆ど釣れません。今回私達が訪れた季節は生憎の雨季。一緒に行ったメンバーも全然釣れない中、私、2匹釣っちゃいました。イチゴ大福って普遍的に愛される食べ物なのかもしれません。

 - ペルー, 中南米 ,