世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

スペインで安くて美味しいスペイン料理を楽しむ方法

   

ヨーロッパ在住18年目のフードライターです。グルメ大国スペインで美味しいスペイン料理をお得に食べる方法とは何でしょうか。レストランが提供するランチメニューを食べる事です。今回はその方法を徹底解説。

スポンサーリンク

スペインのレストランの昼定食はファーストフードのセットメニューと同じくらいの価格

Imagen 433
グルメ大国スペインは美味しいだけでなく、地域ごとに全く異なる郷土料理を食べる事が出来るのが魅力です。とにかくバリエーションが凄くて、スペインのお勧め料理は何ですかと聞かれたら、どこへ行くのかによります、としか答えようがないくらい。スペインでは各地方を食べ比べしながら旅するのも大きな楽しみの一つとなるのではないでしょうか。

そんなバラエティー豊かなスペイン料理。どうやって楽しめば良いのでしょうか。スペインには至る所に沢山のレストランがあります。どのレストランもレベルが高いので当たり外れが少ないのが嬉しいポイント。そんなスペインで一番お勧めしたいのはレストランが提供する昼のランチメニューを食べる事。

スペインでは大抵のレストランでランチメニューを提供しています。レストランの店先に”MENU DEL DIA” 日替わりメニューと書かれた看板が置かれるので注目して下さい。前菜、メインディッシュ、デザート。それにパンと飲み物がついて10ユーロ代で食べる事が出来ます。同じような料理を同じレストランで夜食べたとしたら2倍以上のお値段がかかるので大変お得です。

そしてスペインは何故だかファーストフードが異常に高いです。安くすまそうと思ってマックのセットメニューなんかを頼むとレストランの昼の定食と殆ど変わらない代金となるので注意が必要です。なので強力にレストランの昼定食、おすすめします。

スペインでお得なランチ、日替わりメニューの注文の仕方

前菜 プリメール・プラト(Primer plato)

まずは前菜を選びましょう。スペイン語でプリメール・プラト、第一の皿と呼ばれます。前菜にはサラダやスープを選ぶ人が多いでしょうか。観光客に人気があるのはメロンの上に生ハムをのせたハモン・コン・メロン(Jamon con Melon)やパエリアです。

スペインではご飯ものやパスタ類は前菜の扱いなんです。大きなお皿いっぱいのパエリアが前菜として登場するので観光客は“Spain is different” と驚いてしまうのです。食の細い方なら前菜だけでお腹いっぱいになってしまうかもしれません。

日替わり定食ではメインの料理を2種類注文する事は出来ませんが、メインの代わりに前菜を2種類選ぶ事は可能です。小食な方がパエリアを注文する時はサラダやスープなどと組み合わせた方がいいかもしれません。

メインディッシュ セグンド・プラート(Segundo Plato)

メインディッシュはセグンド・プラート、第二の皿と呼ばれます。豚、牛、鳥肉などの肉料理、魚やイカなどのシーフードから1品を選ぶ事が出来ます。肉や魚だけでなく、付け合わせとしてポテトフライ、ご飯や野菜などがついてくるのでボリュームが凄いです。

海岸沿いではシーフード、内部地域では肉料理を選びましょう。スペインの内陸部の田舎へいくとジビエ料理を食べさせてくれるレストランも多く見られます。ジビエとは狩猟によって捕獲された野生の鳥や獣のことで、あまり日本では食べる事のないシカ、イノシシなどの肉を楽しむ事が出来ます。

臭さは勿論ありますがスペイン人達は本当に上手に料理するので気にならないかと思います。それに赤ワインとの相性が抜群です。

スポンサーリンク

281

デザート ポストレ(Postre)

デザートはポストレと呼ばれ、ケーキ、アイス、または季節のフルーツから選ぶことが出来ます。甘いモノが苦手な人、もうこの時点でお腹がはち切れそうな人はデザートの代わりにコーヒーを頼む事も出来ます。

甘い物は別腹の人達もスペインでは注意が必要かもしれません。デザートは大きいだけでなく、日本人には甘すぎる味付けかと思われます。

お勧めはアロス・コン・レーチェ(Arroz con leche) お米を牛乳とシナモンで甘く煮たデザートなんですけど優しい味がして私は大好物です。日本人的には最初ちょっと抵抗があるかもしれませんが勇気を出して是非♡

飲み物 ベビーダ(Bebida)

飲み物は水やソフトドリンクだけではなく、ワイン、ビールなどの中から選べます。スペインでは昼からアルコールは至って普通。適度なアルコールは眠気を誘います。そうなるとお昼寝。スペインではまだまだシエスタの習慣が健在です。

 

スペインのレストランのランチメニューの傾向と対策

これだけフルセットで10ユーロ代で食べる事が出来るのですから日替わりメニューは本当にお得です。ハンバーガーなどのファーストフードのメニューも同じような値段なので、レストランの日替わりランチを食べた方が良いかと思います。人気のあるレストラン、夜に食べに行くと単価が高いレストラン、有名シェフのレストラン、ミシェランの星付きレストランなんかもチェックしてみて下さい。ランチタイムなら競争価格の破格なお値段のメニューを食べれ事が出来るかもしれません。

そしてこの日替わりメニュー。大都市になればなるほどお得です。マドリッドやバルセロナのような大都会だとシエスタ制度が無かったり、家が遠すぎてランチタイムに家に帰れない人が多いです。そんな人達を対象にした日替わり定食を提供するレストランが沢山あるので、競争が起きています。

反対に小さな地方都市だと殆どの人が家に帰ってお昼ご飯を食べます。日替わりメニューは観光客、または特別な日の為だけに存在するので価格が高くなる傾向があります。ただ価格が高い分、普通の日替わりメニューでは見かける事のない羊などの高級食材を使っている場合も多いです。

 

郷に入れば郷に従え スペイン風食事の楽しみ方

269


スペインでは昼からワインやビールを飲みながら食事をする人が多く、お腹がいっぱいになって多少のアルコールが入れば発生するのが眠気です。“Spain is different” シエスタの習慣があるからこそ、ゆっくりガッツリお昼ご飯を食べる事が出来るのです。

人が物を食べる時間というのは伝統、習慣、通学や通勤の時間、行かなければならない場所と自宅との距離、天候、それこそ色々な要素が組み合わさって決まるものです。暑い気候、シエスタの習慣、職場の近さ、お昼休みが長い、“Spain is different” そんな色々な要素が重なって、スペインでは他の国より遅い時間にたっぷり時間をかけて食事をとる国となりました。

皆さんもスペインを訪れたらスペイン流にゆっくりガッツリ食事をして、シエスタをしてから思いっきり宵っ張りの生活を楽しんで下さい。

 - スペイン, 南欧