世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

美味しいロシアの食べ物25選 おすすめのロシア料理とは何なのか?

      2018/06/15

ロシア料理を知る為に、まず理解すべきがロシアの大きさ。国そのものの大きさに加え、影響力の大きさも含む。ロシア料理とは周辺各国に強く影響を与え、周辺各国の多様文化を飲み込んで生まれた料理。ヨーロッパ在住18年目のフードライターが世界を食べ尽くすの旅。今回はロシア料理のまとめ。

スポンサーリンク

 

ボルシチ (борщ)

IMG_5632 (2)ロシア料理として有名なビーツを使った赤いスープ。でも実はウクライナの伝統料理。ロシアのみならず周辺各国のめちゃ広い範囲で食され、世界三大スープとされている。

ボルシチの材料はビーツと冷蔵庫にある残り物全部。肉も野菜も全部鍋に放り込んで煮込む。家庭料理の定番。

 

シチー (Щи)

キャベツのスープ。古くからロシア人と共に生きえる料理。生のキャベツ、またはザワークラウトを使う。最後にサワークリームを加え、黒パンと一緒に食べる。ロシア人にとっての味噌汁はボルシチではなくシチーの方。

 

オクローシカ (окрошка)

IMG_5697夏の定番冷たいスープ。寒いイメージしかないロシア。でも夏はめちゃ暑い。体冷ましの冷たいスープは必需品。

ロシア語で「細切れにする」を意味する。生の野菜(キュウリ、玉ねぎ、ハツカダイコン)と茹でたジャガイモ、卵、ハムを細かく切り、クワス(麦芽を発酵させた飲み物)と混ぜて作る。具は食べる直前に入れないとシャキシャキ感が失われるので別々にしとく。

 

ソリャンカ(Солянка)

香辛料の効いた具沢山スープ。キュウリの漬け汁が味の決め手。二日酔いに効くとされている。

 

オリヴィエ (Оливье)

IMG_1661

茹でたジャガイモ、ニンジン、卵、グリーンピースと鶏肉、キュウリなどを小さなサイコロ状に切ってマヨネーズであえたもの。1860年にモスクワの有名なレストランのコック、オリヴィエ氏が作り出した料理。私が住むスペインではポテトサラダの事をロシア風サラダと呼ぶ。やっと理由が分かった。ロシアの家族が集まっての晩餐に必ず登場するサラダ。

 

Seledka pod shuboy

茹でたジャガイモ、ニンジン、ビーツを個別にマヨネーズであえ、酢漬けのニシンと層にしたカラフルな料理。お祝い事があると作る。

 

Vinagret

IMG_6533茹でたビーツ、ジャガイモ、ニンジンなどを細かく切り、ピクルス、玉ねぎなどを加えてオイルとビネガーであえたサラダ。オイルはひまわりが主流。

 

ビーフストロガノフ (бефстроганов)

ロシア料理として有名だがそんなに古い歴史は持たない。牛肉のサワークリーム煮。ロシアの著名な貴族、ストロガノフ家のコックが生み出した料理。各国、各家庭によってレシピが違う。

 

コトレータ (котлета)

IMG_5281 (2)肉や魚などを挽いて捏ね、パン粉をまぶして揚げたもの。スーパーのお惣菜コーナーの定番。

スポンサーリンク

 

コトレータ・ポ・キエフスキ (Котлета по-Киевски)

IMG_5096 (2)バターを鶏の胸肉で巻き、パン粉をつけて揚げた料理。あつあつのうちに食べると中からバターが溶け出てソースのようになる。

 

ガルブツィー (Голубцы)

ロシア風のロールキャベツ。

 

チョールナヤ イクラー (чёрная икра)

キャビア。厳密にはチョウザメの卵の塩漬けを意味するが、ヨーロッパ的には魚の卵を総称してキャビアと呼び、ロシアではイクラと呼ぶ。

チョールナヤ イクラーは黒い魚卵の意味。カスピ海とアムール川が産地。めちゃ高いので特別な日のご馳走。ソビエト連邦時代は普通の値段で買えたそう。

 

クラースナヤー イクラー (красная икра)

赤いキャビア。サケの卵。イクラの語源はロシア語で魚卵。日本でイクラと言えばサケ科の卵を意味するが、ロシアでは魚卵全般を意味するので赤いイクラーと呼ぶ。黒いキャビアに比べて手頃な値段で食べる事が出来る。

 

ペルメニ(Пелмени)

IMG_7142小麦粉と卵で練った生地で肉や野菜を包んで茹でる。ロシア人家庭の冷凍庫に必ず常備されている。

冷凍品を茹でて溶かしバターとサワークリームで食べる。この気楽さが学生、独身者、働くお母さんから重宝されている。

ペリメニと他のダンプリングの違いは大きさ。ペリメニは小さい球状。ぺリメニには甘いバージョンはない。

 

 ピロシキ (пирожки)

ロシアと周辺各国で食べられている総菜パン。パン生地で色々な具材を包みオーブンで焼くか油で揚げる。

生地は色々な種類がある。パン、折りパイ、練りパイ。中の具も肉や魚などのおかず系からジャムなどのお菓子系まで幅広い。

 

ブリヌイ(Блины)

ロシア風パンケーキ。甘いのも辛いのもあり。一番ロシアっぽいのがイクラ。普通に美味しい。でもご飯の方がいい。ブリヌイ専門店が沢山ある。

 

Prov (Плов)

ロシア風ピラフ。バターの味がしみ込んでて美味しい。

 

カーシャ (каша

IMG_5314 (2)粥を意味する。穀物や豆類を水または牛乳で柔らかく煮る。数ある中で一番人気なのがソバの実。

メイン料理の付け合わせとして食べる時は粥ほどドロドロはしていない。粥状に牛乳と砂糖で甘く煮たものは朝ご飯として子供達に大人気。

 

ロシア料理のまとめ デザート編

Kissel

ジュースをでんぷんで固めたゼリー

 

Syrniki

IMG_5501 (2)フレッシュチーズを焼いたお菓子。中にドライフルーツを入れる事が多い。サワークリームと一緒に食べる。

Vatrushka

チーズとレーズンが中に入った丸いパン。

 

ロシア料理のまとめ 飲み物編

クワス (квас

麦芽を発酵させて作る微炭酸の飲み物。1%前後のアルコール分を含む。

クワスの歴史は古く古代にまで遡る。ロシア人の夏の定番。最近ではコカ・コーラに人気が迫るほど人気復活。

 

Mors

ロシア名物フルーツドリンク。クランベリーやリンゴンベリーを中心としたベリー類を大量の水で煮て冷まして飲む。

 

Sbiten

ロシアの伝統的な蜂蜜ベースの飲み物

 

 ヴォートカ (водка)

穀物を原料とし、濾過と蒸留を繰り返して作るスピリッツ。

 - まとめ記事, ヨーロッパ, ロシア, 世界の美味しい料理まとめ ,