世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

イギリスの入国審査は世界で一番厳しい。入国拒否や強制出国にならない対策の全て

      2017/09/26

イギリスの入国審査は世界で一番厳しいと言われています。私も何回か別室送りになりかけました。危うく強制送還されそうになって冷や汗かいた事もあります。イギリスの人達は礼儀正しく優しい印象がありますが、入国審査官だけは別なんです。どうやったらあんなに意地悪でネチッコイ人達ばかり集める事が出来るのでしょうか。イジワルになる研修とかあるんですかね?今回は世界で一番厳しいイギリス入国審査の傾向と対策について。

スポンサーリンク

 

イギリスは怖い。と言うかイギリスの入国審査官が怖い。

3

イギリスの入国審査では毎回嫌な思いをします。 それでもスペインに住んでいると、定期的にイギリスへ行きたくなります。何かこう、都会の空気に触れたくなる。

そんな訳で再びイギリスの地を踏んだ訳ですが、昨年だけで3回行ってます。そうなると回を追うごとに厳しくなっていくのがイギリスの入国審査。最初は確か5分ぐらいで解放されたのに、3回目は危うく別室送り。帰りのチケット持ってるんだから、スペインの永住権持ってるんだから、そんな厳しくしなくてもいいじゃないと思うのだけど。  

 

イギリスの入国審査で狙われる人の特徴

「別室連れていかれそうになった」なんて話をすると、「危なそうに見えないのにね」と言われれます。でも違うんです。イギリスの入国審査官が一番チェックを入れてるのが普通の一般女性。テロリストみたいな、いかにも怪しそうな風貌の人達より恐れられているのが「未婚の一人旅の女性」なんです。と言うのもイギリスで今一番問題になっているのが

  • 不法滞在
  • 不法労働
  • 偽装結婚

これらを、しかも全部を、一番難なくクリア出来ちゃうのがテロリストではなく普通の一般女性なんです。もしあなたが女性で、一人旅で、しかも未婚だったら、イギリスに入国する前に準備しなきゃいけないもの

  • 帰りのチケット、日付入り
  • 初日の宿泊先の住所と電話番号
  • イギリスの旅行ルート(仮想でも可)
    (例えばロンドン3泊、マンチェスターで3泊、リバプールで2泊してからイギリスを出ます。国内移動はバスを使います。ロンドン以外の宿はまだ決めてません。みたいな感じでOK)

特に泊まる場所がホテルじゃなくて友達の家だと確実に疑われます。でも入国審査の為だけにホテルの予約なんてしたくない。ロンドン激高いし。  

 

イギリスの入国審査にプライバシーと言う文字は無い

13

イギリスは年々入国審査が厳しくなっている印象があります。3回目の入国審査は泊まる場所の主である友達のことを根掘り葉掘り聞かれました。仕事内容、どのような関係なのか、何時何処で知り合ったのか。恋人なのかと聞かれたので違うと言ったら、何でだ?性別の違う友情は存在するのか?って、何でそんな酒の席でするようなテーマをココで君とディスカッションしなきゃならんの、って感じでした。

もう次回はロンドンじゃなくて他の街から入ろうかなとも思います。でも単に友達の家に遊びに行くだけで、何も悪い事していないのに、なんなんでしょう、この警察に追われてます感。本当にイギリスのイミグレの事は考えるだけで憂鬱になります。

スポンサーリンク

 

口は災いの元。必要最低限の会話で入国審査は望むべし

最近多いのが「治験のバイトをしにイギリスに来ました。」って口がすべっちゃった学生さんの強制送還。入国審査では余り下手に喋らない方がいいです。黙っててもネチネチ聞かれるので常に必要最低限を厳守。

「私バルセロナで働いてる方が好きです。天気もいいし物価も安いし食べ物美味しいし。イギリスで働こうなんてコレっぽっちも思ってません。だからもう警戒するのやめてくれませんか。ただのバカンスです。帰りのチケットもスペインの永住権だって持ってるんですから。」

なんて言い返したい気持ちをぐぐっと押さえ込み、善良なツーリストの笑顔で聞かれた事だけを最低限の言葉で答える。とか何とか言っちゃって、やっと開放されて直行で向かったのはロンドンにある会社。しっかり面接受けて来ちゃったけどね。受かったらイギリス移住する気バリバリだったけどね。落ちちゃってショボンしてるけど。

14

ロンドンは昔留学していた土地。もう何年も前の話だけど今だに愛着があります。今回は久しぶりに以前の学校の先生に会いました。私がスペインに移住してから何回かスペインとイギリスで会う機会があったけど、ここ数年会ってなかったので超久しぶり。ロンドンは全然変わらないけど、先生はすっかり変わっていました。

「言うな、何も言うな。お前は昔っからそうなんだよ。天使のように微笑みながら悪魔みたいな事言うんだよ。」

・・・。まだ何も言ってないのに。見事に後退してた生え際眺めてただけなのにっっっ。        

 

世界中の宿探しに一番便利なサイト

宿泊は何時もBOOKING.COM(ブッキング・コム)で探しています。高級なホテルからバックパッカー御用達のドミトリータイプの安宿まで幅広く検索でき、何より割引率が凄いのが嬉しい。現地払いの安心感、何回か利用するとアーリーチェックインやレイトチェックアウトの特典が付くのも魅力の一つ。私は新しい街には朝早く着きたいタイプなので、何時も特典を使って通常より早い時間にチェックインします。重たい荷物も置けるし、一番好きな部屋も選べるし本当に便利です。

 

地続きのヨーロッパを快適に旅するなら鉄道、空港までの往復や待ち時間がないから時短にもなる

預入荷物が無いならヨーロッパの移動は飛行機が一番安いです。荷物があるなら電車の利用を検討してみて下さい。空港は街の外にありますが電車移動なら街の中心地に着けるので便利で快適、時短も出来ます。西欧は鉄道料金が高いので鉄道パスを購入するのも良いかも。区間チケットもお得なパスも全てこのサイトで日本語で検索、購入出来ます。

 

 - イギリス, 世界を旅するための技術まとめ ,