世界食べ尽くしの旅 Españoleando

スペイン在住のフードライターが、素敵な人達に出会いながら、世界中を遊んで食べ尽くすの記録

北欧とは何なのか。ノルウェーとスウェーデンとデンマークとフィンランドの違いとは?

      2019/10/12

ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、北欧4か国の人達が勢ぞろいしていたので、日頃温めていた私の北欧論を聞いてもらいました。すごく的を得ているよ、と皆に褒めてもらったのでシェアしたいと思います。北欧とは何なのか。北欧の人達はどんな人達なのか。

北欧出身のノマドワーカー達との出会い

501
インターネットさえあれば働く事が出来る仕事が増えてい
るので、ノマドワーカーと呼ばれる特定の職場を持たず、移動しながら仕事を続ける人達も増えてきました。

ネット環境にストレスが無く、物価が安く、居心地が良くて、色々な意味で選択肢の多い大き目の都市にはノマドワーカー達が集まります。

今の所、そんな条件を一番満たしているのがウクライナのキエフ。世界中のノマドワーカー達が集結していました。

今回は珍しく北欧4か国のノマドワーカー達が同じ宿に勢ぞろい。北欧が大好きで通い続けている私がまとめた北欧論を修正してもらい、ついに完成となりました。

北欧とスカンジナビア諸国の違いとは何なのか

デンマーク、ノルウェー、スウェーデン。この3カ国をスカンジナビア諸国と呼びます。この3か国は国旗、言葉、通貨、食べ物や人々の性格だって良く似ている、だけれど微妙に違う国々です。

そんなスカンジナビア諸国にフィンランド、アイスランドを加えた5カ国を北欧と呼びます。ただアイスランドは歴史的、そして地理的にもかなり遠いので、北欧の人達からも全く別物と認識されています。フィンランドはアイスランドと比べたらスカンジナビア諸国に近いのですが、それでもやっぱり別枠な感じで捉えられています。

同じ別枠扱いされているのがラップランド地方。ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、3つの国にまたがる北部一帯です。人よりもシカの方が多いとされる地域なので、ジュラシックワールド的な別世界扱いです。

同じ北欧でもスカンジナビア諸国には入れないフィンランドの異質さ

22

一般的にフィンランドをスカンジナビア諸国の一部だと考える人が多いです。でもフィンランドはスカンジナビア3カ国とは全く別のカテゴリーの国。一番大きな違いは言語でしょうか。

フィンランドはヨーロッパと隣接しているのに語学体系が他のヨーロッパ語とは全く異なります。とても独特で、更にはフィンランド語、世界で一番難しい言語とされています。

文化や習慣もフィンランドはスカンジナビア諸国とは異なるので、多くのスカンジナビア人達はフィンランドの事を「ほぼロシア」と考えています。

性格もスカンジナビア諸国の人とフィンランド人では異なります。フィンランドはロシアと国境を接しているので、昔から何かと問題がありました。苦労人なんです、フィンランド人って。

スカンジナビアの人達はもっと楽観的です。戦争が少なかったからでしょうか。スカンジナビア諸島の国々にとって脅威は常にロシアでした。ロシアとは何回か戦争もしていますが、戦地は常に国境を接しているフィンランド。何時もフィンランドが分厚い壁となりスカンジナビア諸国を守ってきた歴史があります。

戦地となる事が少なかったからかスカンジナビア諸国、特にスウェーデンは理想主義者の人達が多いです。難民の受け入れとかフィンランドとは全く違った対処をしているのも、苦労人の多いフィンランドとの大きな違いかと思われます。

そんな違いはあるけれどフィンランドはやっぱりロシアよりスカンジナビア諸国に似ています。歴史的にも650年の長きに渡ってスウェーデンに支配されていました。

例えスカンジナビア諸国の人々からロシア扱いされ、仲間外れにされたとしてもフィンランドはやっぱりロシアじゃなくてスカンジナビア寄りだと思います。

スカンジナビア諸国内の違いとは何なのか

スウェーデンとノルウェーの違いを見つけるのはなかなか難しいです。ほぼほぼ同類。でもデンマークだけはちょっと違う感があります。

ただ国境付近ではかなり溶け合います。どちらとも言えないミックスゾーン。スカンジナビアの国々は似通ってはいるけれど微妙に違うのが特徴なのですが、その微妙さが、国境付近で微妙過ぎ過ぎる感じになって同類化しています。

言語的に見た北欧の区分け

スカンジナビア諸島の言葉、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語はある程度似ています。特にノルウェー人とスウェーデン人はお互いが母国語を喋って意思の疎通がほぼ出来ます。

デンマーク人はコペンハーゲン出身だとスウェーデン語が何となく分かります。でもノルウェー人とスウェーデン人はデンマーク語を理解出来ません。

これはスペインとポルトガルの関係にも似ています。スペイン人はポルトガル語が分からないけれどポルトガル人はスペイン語を理解出来ます。

スペイン人いわく「これは頭の差ではなく、ポルトガル人はモショモショ喋るから」なのだそう。同様にノルウェー人とスウェーデン人も「デンマーク人はフュフョフュフョ喋るから分からない」と言います。

よくデンマーク人の事を「熱いジャガイモを口の中に入れてフュッフョフュッフュッってなってるような喋り方をする人」と言います。確かにデンマーク語ってそんな響きです。

北欧の人達のステレオタイプ的な性格の違い

スウェーデンは「苦労知らずの貴族」みたいな性格の人が多いです。デンマーク人はよく「北欧のラテン民族」と呼ばれます。デンマークは平地しかないんです。見晴らしが良すぎるから隠し事が出来ない。もう本当にオープンな人が多いです。

フィンランド人は「サウナでしか喋らない人達」と呼ばれます。同じ北欧でもラテンなデンマーク人に比べたらフィンランド人は寡黙な方かもしれません。それが嘘みたいにサウナでは本当に良く喋ります。

暖かい所だと口も良くまわるんですかね。もー止まらない。お酒が入ってる訳でもないのに皆で歌い出したり。フィンランドに行ったらサウナは絶対に行って下さい。素のフィンランド人の顔が見れます。

でも寡黙さで言ったらノルウェーの北部の人達の方が凄いです。本当に喋らない。どうしようってぐらい喋らない。でも別に不機嫌な訳じゃない。ただ喋らないだけ。

ラップランドの北の方に行くと人があまりいません。シカとすれ違う事の方が多いです。だからよく「久しぶりに人と話をした」とか言われます。

ラップランドの人達ってとにかく喋らないんですけど優しいです。寡黙さの陰に見え隠れする大いなる善良さが大好きです。

北欧の人達の人柄を理解したホームスティ体験

http://caminobonito.xyz/post-2536/

北欧の人達に言われた目から鱗の大好きな言葉

IMG_4510


北欧が大好きなので良く通ってるのですが冬の寒さだけは苦手です。だからよく北欧が天気良かったら最高なのにって話をすると皆にこう正されます。「北欧は天気が悪い訳じゃないよ。君の選んだ服のチョイスが間違ってただけ。」

本当に目から鱗の言葉でした。確かに北欧の人達は極寒の冬でも楽しそうにスキーしたりして遊んでます。天候に合った服装をしていれば天気の良し悪しなんて存在しないんです。一度北欧の人達が使ってる暖かいコートやブーツを借りてお散歩したら全然苦じゃなかった。

良い悪いの問題じゃなくて自分の選択が間違っていただけ。何だか感動しました。北欧は魅力多き土地です。人も景色も素晴らしいので是非皆さん、訪れて下さい。

 - 世界の観光、雑学まとめ, 北欧