世界食べ尽くしの旅 

世界のグルメ、世界のレシピ、世界の観光地、世界の情報を詰め込んだブログ

ポルトガルの穴場エボラ、アレンテージョ地方の有名な世界遺産の街エヴォラ 

      2021/02/28

ヨーロッパには素敵な国が沢山ありますが、一番好きな国はポルトガルです。ヨーロッパ在住20年のフードライターが、世界中を食べ尽くすの記録。今回は強力にお勧めするポルトガルの中でも一押しの、世界遺産にも登録されているエヴォラの街について。美しいだけでなく、ポルトガルで一番美味しいとされるアレンテージョ地方にあります。

日本とポルトガルの関係

ポルトガル人は初めて日本にやって来た西洋人。そしてポルトガルは初めて私たちが見聞きした外国です。ボタン、パン、タバコ、天ぷら、こんぺいとう、日本語にはポルトガル語起源の言葉が沢山あります。

日本と一番国交が長い西洋の国、ポルトガル。私達が知らなかった事を沢山教えてくれました。その中でも一番影響力があったのが鉄砲です。日本の歴史をも変えました。昔からポルトガルと日本は大変つながりの深い国。なのに日本人もポルトガル人も余りお互いの事を良く知りません。それが何だか凄く残念。

ポルトガルの美しい世界遺産の街

スペインからバスでリスボンへ行く道の途中に、エヴォラの街があります。ポルトガルの南東部をアレンテージョ地方と呼び、エヴォラはローマ帝国時代からこの地方の中心地として栄えてきた街。人口は5万人ぐらい。旧市街の保存状態が大変良い事から1986年、ユネスコの世界遺産に登録されました。

エヴォラはポルトガルでは有名な観光地です。ローマ時代の城壁に囲まれた旧市街が素晴らしく、全ての建物が中世そのままの形で残っています。雰囲気の良い町なので、ただ歩いているだけで楽しい。勿論見所も沢山あります。

ポルトガルの美しい町、エボラの見所

城壁の外まで続く水道橋、神殿、内部の壁全てが人骨で埋め尽くされている不思議怖い教会。特にローマ時代の水道橋の保存状態の良さ、長さにはきっと皆様圧倒されてしまうことでしょう。水道橋は今も昔も街の生活に溶け込んでいて、民家の壁の一部に使われていたり、人々が集まって談笑するたまり場になっています。

城壁の中の旧市街一帯が世界遺産となっているのですが、エヴォラは街の殆どがが城壁の中にあります。なので市民が普通に暮らしている建物、風景がそのまま世界遺産となっているんです。それが天井の無い博物館とも呼ばれる理由です。

リスボンなどの大都会とは違う小さな町。昔ながらの何も変わらないポルトガルを見る事が出来る大変魅力的な場所です。日本とも古い関わりがあって、天正遣欧少年使節、伊藤マンショらが立ち寄り、大聖堂のパイプオルガンを見事に弾いたとされています。

ポルトガル一のグルメな地域

エヴォラはただ美しいだけではありません。エヴォラを中心としたアレンテージョ地方はポルトガルで一番の美食エリアでもあるんです。アレンテージョ地方の主な産業は農業と牧畜業。小麦の栽培が盛んな地方で、広大な畑が広がっています。

オリーブの木やコルクの木も多く植えられていて、そこでは豚が放牧されています。つまりパン、豚肉、オリーブオイル、ポルトガル料理の主原料の殆どがアレンテージョ地方で生産されているのです。

素材の確かさがアレンテージョ地方の美味しさを支え、土地で取れる良質の素材を生かしたチーズ、ソーセージ、ワインは常にポルトガルで一番の称号を得ています。

アレンテージョ地方の料理の特徴

アレンテージョ地方の料理の特色は素材を生かしたシンプルな料理である事。それをベースに創造性を効かせたアレンジがある事。アレンテージョ地方の料理は、本当に驚くような味覚の組み合わせが多いんです。

アレンテージョ地方に限った事ではありませんが、ポルトガルではパクチーを良く使います。これは西欧では大変珍しい事で、ポルトガル料理の大きな特長の一つ。ヨーロッパでありながら、何だかとってもエキゾチックな味なのです。

アレンテージョ地方はパクチーに限らず、パセリ、ローズマリー、オレガノ、ミント等の香りの強いハーブを多様します。香辛料の他にニンニクも大量に入れます。特にそれが顕著なのが腸詰、ソーセージ類です。隣国のスペインも腸詰類で有名ですが、腸詰の味が全く異なります。是非食べ比べてみて下さい。

アレンテージョ地方名物の郷土料理

アレンテージョ地方の伝統料理、豚とアサリのアレンテージョ風は絶対に食べて下さい。ポルトガルを代表する海の幸と山の幸であるアサリと豚肉の組み合わせは、最初は少し不安にも思ったのですが、食べてみると相性抜群で本当に美味しかったです。

ポルトガルのエヴォラへの行き方

エヴォラの街へ行くにはポルトガルの首都リスボンからバスで行くのが一番便利です。直通のバスで一時間半位。価格はだいたい20ユーロ前後。日付や時間帯によって値段が変わります。

電車の方が安いのですがSETE RIOSで乗り換えしなくてはなりません。そして二時間半程かかります。ポルトガルはスペインとは違って電車に早割、ネット割引が余り無いので、駅に行って直接買うのがいいかと思います。

小さな町なので一日もあれば全て見て周れますが、とても雰囲気の良い町なので是非ゆっくり滞在して頂きたい。エヴォラを基点として他のアレンテージョ地方の小さな町を訪れるのも楽しい。

ポルトガルをとことん

ポルトガルは気候が良くて、料理が美味しくて、街並みが美しくて、人々が優しくて、西ヨーロッパで一番物価が安い国です。もう本当に良い事ずくめの国なので一度訪れたら、きっとあなたも私のようにポルトガルの虜になってしまうと思います。ポルトガルの更なる魅力をこちらの記事にまとめてみました。

 - ポルトガル