世界食べ尽くしの旅 

世界のグルメ、世界のレシピ、世界の観光地、世界の情報を詰め込んだブログ

美味しいスペイン料理をお得に楽しむ方法、スペインのレストランでの注文の仕方

      2021/02/18

バラエティ豊かなスペイン料理

グルメ大国スペインは美味しいだけでなく、地域ごとに全く異なるタイプの郷土料理を食べる事が出来ます。土地によって同じ国とは思えない程異なった料理なので、スペインのお勧め料理は何ですかと聞かれたら、どこへ行くのかによります、としか答えようがありません。スペインでは色々な場所を食べ比べしながら旅するのも、大きな楽しみの一つとなるでしょう。

それ程バラエティー豊かなスペイン料理。どのように楽しめば良いのでしょうか。スペインは他のヨーロッパの国々と比べると物価が安いので、レストランへ行ったらメニューの片っ端から注文するのも良い手です。

ただでさえ安いスペインで、更にもっとお得に食事をしたいのなら、お昼のランチメニューを狙って下さい。月曜日から金曜日まで、大抵何処のレストランでも、かなりお得なお昼の日替わり定食を用意してあります。

美味しいスペイン料理を安く楽しむ方法

レストランの店先に日替わり定食(MENU DEL DIA)と書かれた看板が置かれているので注目して下さい。前菜、メインディッシュ、デザート。それにパンと飲み物がついて13ユーロ位で食べる事が出来ます。同じ料理を同じレストランで夜食べたとしたら、軽く2倍以上のお値段がするので、本当にお得です。

スペインは何故だかファーストフードが異常に高いです。安くすまそうと思ってマックのセットメニューなんかを頼むと、レストランの昼の定食と殆ど変わらない代金となるので注意が必要です。スペイン滞在中はファーストフードの事は忘れて下さいね。

スペインンのレストランでの注文の仕方

プリメール・プラト(Primer plato)

まずは前菜を選びましょう。スペイン語でプリメール・プラト、第一の皿と呼ばれます。サラダやスープなどの前菜が何種類かメニューに書いてあって、その中から好きなものを1品選びます。

スペインを訪れたら絶対食べてみたいパエリア。お昼のメニューでも食べる事が出来ます。木曜日はパエリアの日と設定しているレストランが多いので、安くパエリアを食べたかったら木曜日を狙って下さい。

スペインではご飯ものやパスタ類は前菜の扱いです。大きなお皿いっぱいのパエリアが前菜として登場するので、食の細い方なら前菜だけでお腹いっぱいになってしまうかもしれません。

日替わり定食ではメインの料理を2種類注文する事は出来ませんが、メインの代わりに前菜を2種類選ぶ事は可能です。小食な方がパエリアを注文する時は、パエリアをサラダやスープなどと組み合わせた方がいいかもしれません。

パエリアの他に観光客に人気があるのは、メロンの上に生ハムをのせたハモン・コン・メロン(Jamon con Melon)です。大きなマッシュルームの中に生ハムとニンニク、玉ねぎなどをのせて鉄板焼きにした、チャンピニョーネス・ア・ラ・プランチャ(Champiñones a la plancha)も人気があります。

セグンド・プラート(Segundo Plato)

メインディッシュはセグンド・プラート、第二の皿と呼ばれます。豚肉、鶏肉、魚やイカなどを調理したものが多いです。付け合わせにポテトフライやサラダが付くので、前菜はサラダを選ばない方が色々試せて楽しいかも。

海岸沿いではシーフード、内部地域では肉料理を選びましょう。スペインの内陸部の田舎のレストランだと、ジビエ料理を食べさせてくれる事も多いです。ジビエとは狩猟によって捕獲された野生の鳥や獣の事。

最近は本当に狩ったりはせず、肉やで購入していますが、イノシシやシカなどの普段余り食べる事のない肉料理を楽しめます。少し癖のある味ですが、スペイン人はシビエ料理が本当に上手なので気にならないかと思います。

ポストレ(Postre)

デザートはポストレと呼ばれ、ケーキ、アイス、季節のフルーツなどから選ぶことが出来ます。甘いモノが苦手な人、もうこの時点でお腹が一杯の人はデザートの代わりにコーヒーを頼む事も出来ます。

甘い物は別腹の人達もスペインでは注意が必要です。デザートは大きいだけでなく、日本人には甘過ぎるかと思います。スペイン料理は本当に美味しいのですが、甘い系は余り日本人の口には合わないかも。

お勧めはアロス・コン・レーチェ(Arroz con leche)です。お米を牛乳とシナモンで甘く煮たデザートで、スペインにしては甘さ控えめで、優しい味がするので私は大好物です。

ベビーダ(Bebida)

飲み物はベビーダと呼びます。水やソフトドリンクだけではなく、ワイン、ビールなどの中から選べます。スペインでは昼からアルコールを飲むのは至って普通の行為。レストランによってはハウスワイン一本付けてくれる所もあります。

スペインの有名なレストランのランチメニュー

これだけフルセットで食事をして、13ユーロ位で食べる事が出来るので、日替わりメニューは本当にお得です。更には有名なシェフがいるレストラン、ミシェランの星付きレストランなんかもランチメニューを提供しています。

一般のレストランよりは価格がお高めですが、20ユーロ代で食べれるかと思います。夜に行けば5倍は覚悟しなければなりません。狙ってるレストランがあるのなら、お昼のメニューをまずチェックしてみて下さい。

ただランチメニューはお昼に用意される特別なメニューである事も多いです。手抜きとまでは言いませんが、普通価格で食べる料理の方が色々と凝ってるかと思います。

スペインの都会と田舎のレストラン

マドリッドやバルセロナのような大都会だと、価格破壊並みの安いメニューを見つける事が出来ます。都会で働く人達をターゲットにしたランチメニューが多いからです。

田舎になればなるほど、殆どの人が家に帰ってお昼ご飯を食べるので、日替わり定食は観光客向けとなります。値段が高くはなりますが、観光客用であるメリットもあります。観光客がいかにも喜びそうな、定番のスペイン料理を揃えてくれているからです。

都会の日替わり定食は、スタイリッシュな今時の料理が多いです。昔ながらのスペイン料理を食べたいのなら、田舎のランチメニューの方が使い勝手がいいかもしれません。

週末にもランチメニューは存在しますが、若干高くなる傾向。ただ価格が高い分、通常の日替わり定食では見かける事のない、羊などの高級食材を使っている場合も多いので、そう悪くはありません。

スペインのレストランでの食事の楽しみ方

スペインでは昼からワインやビールを飲みながら食事をする人が多いです。お酒が強い人種である事は確かですが、スペインには世界的に有名なシエスタの習慣があります。満腹な上にアルコールが入れば、自然と発生する眠気。シエスタの習慣があるからこそ、ゆっくりガッツリお昼ご飯を食べる事が出来るのかなと思います。

都会ではシエスタの習慣がなくなりつつありますが、それでもスペインの食習慣は不思議で満ち溢れています。そんなスペインの不可思議さを、こちらの記事でまとめてあります。

スペインでお得に食事を楽しむ方法

スペインのお昼の日替わり定食は本当にお得。でもスペインには他にもお得にスペイン料理を楽しむ方法があります。タパスと呼ばれる小皿料理です。タパスに関してはこちらの記事を読んで下さい。

 - スペイン, ヨーロッパ, 南欧