世界食べ尽くしの旅 

世界のグルメ、世界のレシピ、世界の観光地、世界の情報を詰め込んだブログ

オランダとはどんな国、オランダの有名な物、オランダの世界で一番

      2021/02/22

オランダは世界一の背が高い国

九州ほどの大きさしかない、小国オランダには大きな人達が沢山住んでいます。オランダ人男性の平均身長は183cm。女性でも171cmぐらいあります。世界で一番平均身長が高い国がオランダなのです。ちなみに日本の男性の平均身長は171cm、女性の平均が158cm位。

牛乳を良く飲むからでしょうか。オランダ人って朝から晩まで牛乳飲んで生きてます。私が住んでいるスペインでは、喫茶店に行って牛乳だけをオーダーする人って余りいませんが、オランダではめっちゃ普通。

オシャレな喫茶店でオシャレなカップルがオシャレなカップでオシャレに牛乳飲んでいる。オランダってそんな国です。でもよく考えてみたらオランダは余りオシャレな恰好をしたカップルって見かけないかも。オランダ人って機能性重視で、殆ど人が自転車乗る用の服です。

オランダは世界一のチューリップ輸出国

オランダと言えばチューリップを思い浮かべる方が多いかと思います。チューリップに限らず、オランダは世界で一番花の球根を輸出している国です。オランダは干拓して作った国なので土地は痩せていて、寒冷地でもあるので農業に適した国とは言い難いです。

でもチューリップやユリなどの球根類に限ってはオランダほど栽培に適した地が他にありません。球根は凍ってしまったら腐ってしまうのですが、凍らない程度に寒い所で二か月間程置かないと球根類の花は咲きません。この条件にぴったりなのがオランダなのです。

花を栽培するには細やかさが要求されます。花の命は短くて。はかない命を扱うには緻密なオペレーションも必要です。オランダ人の繊細で勤勉な性格は、お花作りにもってこい。オランダとチューリップの関係について詳しくまとめた記事はこちらです。

オランダのチーズは日本のチーズの原点

オランダの名物はチューリップだけではありません。チーズだって超有名。世界でも代表的なチーズ輸出国で、チーズの生産は年間70万トン、そのうちの50万トンが輸出されています。そんなオランダを代表するチーズがゴーダチーズ。国内生産の60%を占めるセミハードチーズです。

牛の乳を使って作られる、まろやかで癖の無い味は万人受け。強い自己主張がなく、熱を加えるとよく溶けて伸びる性質から色々な料理に幅広く使われています。実はゴーダチーズって、日本人が昔から慣れ親しんで食べているプロセスチーズの原点なんです。

なので一般的に日本人が思うチーズの味はオランダのチーズの味。私達が慣れ親しんでいるチーズの味と全く同じですが、本場のゴーダチーズは直径35センチ、厚さ10センチ、重さ10キロの円盤型。黄色いワックスで覆われています。

世界的に有名なオランダのチーズ

オランダのチーズはゴーダチーズだけでなく殆どが円盤型で、しかもめちゃくちゃデカイんです。チーズが大好き過ぎるからでしょうか。オランダのチーズの年間消費量は23万トン。一人当たりで年間15kgにもなります。皆さん本当に、パーティでもするんですかってぐらい大量のチーズを一度に購入します。

しかも何種類かのチーズを少しづつ、なんて買い方はしません。チーズはオランダに限らずヨーロッパ全域で良く食べられている食材です。皆大好きだけどオランダ程売っているチーズは大きくありません。やはり世界で一番大きな人達なので大きなモノを好む傾向にあるんでしょうか。

スーパーや広場の売店で買うチーズが一番安いのですが、オランダではチーズ専門店やお土産屋さんで買うのを強くお勧めします。大抵試食用に小さく切ったチーズが一緒に置いてあるので、色々試して一番好きなチーズを購入する事が出来ます。牛乳を使ったチーズが殆どなのでオランダのチーズはどれも癖がなく、食べやすいと思います。

オランダは日本のビールの原点

小国オランダが世界に誇るもの。まだありました。ビールです。日本でもおなじみのハイネケンビールは世界170か国以上で販売され、世界3位のシェアを誇る世界的なビールです。オランダを含めて世界に100か国に醸造工場を持ち、主にアジアのビール会社にも技術指導を行っていたので、日本のビール酒造に大変大きな影響を与えました。

私達が慣れ親しんだチーズとビールの味はオランダが原点だったのです。オランダと日本は昔から深い繋がりがありました。鎖国していた間、唯一日本と貿易出来たのもオランダです。私達にとって、海の外にあるもの、外国はオランダが基本なのかもしれません。

小さな巨人オランダは今も昔も世界を制す

オランダは小さな国ではありますが、世界を制している分野が他にも沢山あります。サッカーなども有名です。大きくて、逞しくて、それでいて性格は細やかで、粘りつよく勤勉なオランダ人。このような特色は何処の世界においても大器となるには重要な要素なのではないでしょうか。

オランダには山がありません。国土の殆どが低地です。見晴らしの良い国には視界を遮るものがありません。開けっぴろげな国ではコソコソ隠れてズルする事も出来ません。だからこそこの小さな国の大きな人達は、今も昔もコツコツと、その粘り強さと勤勉さを持って世界を制しているのかもしれません。

オランダの凄さの秘密

オランダの凄さはオランダという国がどのように造られたかを知ると更に良く分かります。こちらの記事でまとめてみました。

 - オランダ, 西欧