世界食べ尽くしの旅 

世界のグルメ、世界のレシピ、世界の観光地、世界の情報を詰め込んだブログ

スペイン料理165選、スペインの食べ物大辞典、素材別のスペイン料理

      2021/10/11

スペイン料理は美味しいだけではありません。スペイン在住20年、なのに未だ新しい料理に出会う事が出来るバラエティの豊かさも大きな魅力の一つです。この記事はスペイン料理の辞書を目指し数で勝負します。写真付きの詳細は、スペインを訪れたら絶対に食べるべきスペイン料理50選として、別記事にまとめました。

有名なスペイン料理:米系

パエリア

スペインで一番有名な料理がパエリア (Paella) 、実際の発音はパエージャなので注意して下さい。スペイン全土何処でも食べる事が出来るけれど、米の産地であるバレンシア地方が本場です。米はパスタと同じ扱いなのでアルデンテ。夜にパエリアを食べるのは外国人だけです。本場スペインでも本当に美味しいパエリアを見つけるのは結構難しい。

アロス・ネグロ

米をイカ墨で煮たパエリアをアロス・ネグロ (Arroz negro) と呼びます。マヨネーズのようなニンニクソース、アリオリと一緒に食べます。パエリアはレストランによって当たり外れが激しいけれど、アロス・ネグロは何処で食べても安定の美味しさ。

アロス・カルドッソ

オジヤ版のパエリアがアロス・カルドッソ (Arroz caldoso) 。美味しいけれど、周辺各国に似たような料理が存在するので、せっかくスペインまでやって来たからにはパエリアを食べた方がいいと思います。

アロス・ア・バンダ

パエリアの具ナシ版がアロス・ア・バンダ (Arroz a banda) です。パエリアのように見栄えはしないけれど、出汁がきいて本当に美味しい。美味しさではパエリアよりも断然上だと思います。

観光客が多い場所では余り見かけませんが、バレンシア地方の海沿いの町なら確実にあります。地味な外見だけれど、美味しさは外見のチャラいパエリアより美味しいです。

アロス・コン・コストラ

バレンシア地方にあるエルチェの街の郷土料理が、アロス・コン・コストラ (Arroz con costra) です。肉やソーセージが入ったパエリアで、最大の特徴は最後の仕上げで米の上に溶き卵をのせ、オーブンで焼いてパエリアに卵の蓋をすること。

とても珍しい料理なので見つけるのは困難かと思いますが、エルチェ近郊、またはエルチェ出身の人が経営するレストランなら見つかるかと思います。運よく見かけたら、美味しいので絶対に食べてみてほしい。

アロス・コン・ボガバンテ

オマールエビのパエリアがアロス・コン・ボガバンテ (Arroz con Bogavante) です 。丸ごと一匹オマールエビが入る豪快なパエリア。お値段がお高いけれど払う価値のある味です。カルドッソ(おじや風)になる事が多いのですが、パエリア版の方が断然美味しい。

フィデオワ

パエリアの麺バージョンをフィデオワ (Fideua) と呼びます。米では無くショートパスタを使います。色々な太さがあるけれど、極細タイプが一番美味しい。太い麺タイプは汁を吸い過ぎたパスタみたいで余り美味しくないです。極細のショートパスタの店を狙いましょう。

美味しいスペイン料理:卵

ウエボス・ロトス

ウエボス・ロトス (Huevos rotos) は、ポテトフライの上に揚げ卵、ピリ辛のソーセージまたは生ハムがのっています。食べる直前に自分でぐちゃぐちゃかき混ぜて食べます。揚げ物オンリーなのでカロリーは最強。でもビールのお供に最高です。

シンプルな料理だけれど、スペイン人、正確に言えばマドリッドの人達が大好き過ぎる料理。ウエボス・ロトスを売りにしたレストランが多いです。バルセロナではそんなでもない。

トルティージャ・デ・パタタス

スペインを代表する料理がトルティージャ・デ・パタタス (Tortilla de patatas) と呼ばれるスペイン風オムレツ。スペイン料理の定番中の定番で、ジャガイモと玉ねぎをオリーブオイルで揚げ煮してオムレツの具にします。

厚ければ厚いほど良いとの風潮があり、内部が半熟卵になっているのが一番美味しいです。全国何処でも食べる事ができますが、マドリッドにあるトルティージャ・デ・パタータス専門店のものが一番有名です。

ウエボス・ア・ラ・フラメンカ

トマトソースに卵、ソーセージ、グリンピースを入れてオーブンで焼いたのがウエボス・ア・ラ・フラメンカ (Huevos a la flamenca) です。フラメンコの名が付くだけに、アンダルシア地方で良く見かけます。普通に美味しいけれど別にわざわざ食べなくてもいいと思います。

ウエボス・カルリスタス

ウエボス・かルリスタス (Huevos carlistas) は、アルコイの町以外だと見つけるのが難しいかと思います。目玉焼きの上にベシャメルソースをのせてフライにした料理。誰も作り方を知らないので、家庭料理と言うよりレストランでしか食べれない食べ物。

サランゴージョ

野菜の栽培で有名なムルシア地方の郷土料理がサランゴージョ (Zarangollo) です。新鮮な地元の野菜、主にズッキーニ、玉ねぎ、ジャガイモを油で揚げ煮してスクランブルエッグにした料理。悪くないけど別にわざわざレストランで食べるほどでもないかも。

おすすめのスペイン料理:魚系

タラを使った料理

ヨーロッパや南米では、バカラオ(Bacalao)と呼ばれるタラを使った料理を良く食べます。バカラオとは基本的に塩漬けのタラの干物を意味しますが、スペインでは新鮮な生のタラも好んで食べます。

バカラオ・ア・ラ・ビスカイーナ

スペイン北部の食処、バスク地方の代表料理がバカラオ・ア・ラ・ビスカイーナ (Bacalao a la vizcaina) 。タラをトマトソースで煮込みます。通常スペインでバカラオと言えば塩漬けのタラを使うのですが、ヴィスカイーナは生のタラを使用する場合が多いです。特に名前の元ともなっているヴィスカヤ地方へ行くと確実に生のタラ。

バカラオ・アル・ピリピリ

バスク地方にはタラを使った郷土料理が沢山あります。バカラオ・アル・ピリピリ (Bacalao al pil pil) は、バカラオ(タラ)をオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、パセリのピリ辛ソースで揚げ煮した料理。ピリピリはタラよりもエビが有名ですが、こちらも悪くないです。

ココチヤス デ・バカラオ・エン・サルサ・ベルデ

バスク地方の名物料理がココチヤス・デ・バカラオ・エン・サルサ・ベルデ (Kokotxas de bacalao en salsa verde) です。何回説明されても魚のどの部分なの分かりません。ほほ肉と言うけれど魚の頬に肉なんてついてたか?バスク地方にある高級レストランに行くと見つけやすいです。

クロケッタス・デ・バカラオ

タラのコロッケがクロケッタス・デ・バカラオ (Croquetas de bacalao) です。スペインのコロッケは本当に種類が豊富で美味しい。土地によって色々なコロッケがあるので、全部食べてみて欲しい。

アタスカブーラス

なかなかお目にかかるのが難しいけれど、美味しいので見かけたら是非食べて欲しいのがアタスカブーラス (Atascaburras) 。ジャガイモのピュレーにバカラオ(タラ)を混ぜてオリーブオイル、ニンニクで味付けたもの。

ポルサルダ・コン・バカラオ

絶対食べて欲しいバスク地方の郷土料理がポルサルダ・コン・バカラオ (Porrusalda con bacalao) 。バカラオを長ネギ、ジャガイモで煮た料理。

ブニュエロ・デ・バカラオ

干し鱈の身がたっぷり入った揚げドーナツみたいな食べ物がブニュエロ・デ・バカラオ (Buñuelo de bacalao) です。ビールのお供に最高。

エスカリヴァダ・デ・バカラオ 

干し鱈を水でもどしてオリーブオイルとすったトマトで味付けしたシンプルな料理がエスカリヴァダ・デ・バカラオ (Escalivada de Bacalao) 。鱈がプルプルしていてめちゃくちゃ美味しい。

メルルーサ

タラ同様スペイン人に人気の高い魚がメルルーサ (Merluza) 。タラ科の白身魚だけれど、タラとは若干風味が異なります。英語名はHAKE。スペインではちょっとした高級魚ですが世界的には安価な魚。かつてはマクドナルドのフィレオフィッシュの原材料だったことも。

メルルーサ・エン・サルサ・ベルデ

スペイン北部バスク地方の名物が、メルルーサの緑ソースがけ (Merluza en salsa verde) です 。緑のソースはバスク地方特有で、オリーブオイル、ニンニク、大量のパセリで作ります。魚だけでなく肉にも良く合う魔法のソース。

カソン・エン・アドボ

カソンはサメの一種で、スペインでよく食べられている魚です。でも乱獲が原因で年々少なくなっているのだそう。とても柔らかい白身が特徴。アドボと呼ばれるスパイスに漬けこんでから揚げた料理がカソン・エン・アドボ (Cazon en adobo) 。スパイシーでビールのお供に最高です。

パステル・デ・カブラチョ

魚のすり身で作るムースのような食べ物がパステル・デ・カブラチョ (Pastel de cabracho) です。魚のケーキを意味しますが甘くはない。魚の風味豊かなフワフワのパテでバゲットに塗って食べます。

カスエラ・デ・ラぺ

スペイン風アンコウの煮込みがカスエラ・デ・ラぺ(Cazuela de rape) 。スペインはアンコウを良く食べ、特に北部の人達が大好きな食材。色々な料理がありますが、あん肝は捨てていました。日本の業者が今は輸入しているのだそう。

マルミタコ・デ・アトゥン

スペイン北部バスク地方の漁師たちが編み出したマグロ料理がマルミタコ・デ・アトゥン (Marmitako de atun) です。マグロのぶつ切りをトマト、玉ねぎ、ジャガイモ、赤ピーマンなど他の野菜と一緒に煮込んだ料理。普通に美味しいけれどマグロはやっぱり刺身が一番美味しい。

アトゥン・エン・エスカベチェ

日本人のサガで「マグロは刺身でなくちゃ人生」を送るのだと思っていました。遂に見つけました。刺身以外の美味しいマグロ料理。アトゥン・エン・エスカベチェ (Atun en escabeche) と呼ばれる魚のマリネです。最高に美味しい。

タルタル・デ・アトゥン・ロッホ

とは言ってもやっぱり生のマグロはやっぱり美味しい。マグロのタルタル (Tartar de atun rojo) はスペインを訪れたら絶対に食べたい料理。スペインは何気にマグロの捕獲量が世界で第二位。捕獲されたマグロの殆どは日本へ輸出されています。

アンダルシア南部カディス県では世界でも珍しいマグロの養殖をしていて、漁港付近のレストランのメニューはマグロ三昧です。マグロ好きなら絶対に訪れたい土地。

ボケローネス・フリットス

頭から骨まで丸ごと食べられる、カリッと揚がったカタクチイワシのフライがボケローネス・フリットス(Boquerones fritos) です。ビールのお供に最強の一品。

ボケローネス・ア・ラ・ヴィナグレッタ

カタクチイワシはフライも美味しいのですが、マリネのボケローネス・ア・ラ・ヴィナグレッタ (Boquerones a la vinagreta) が最高です。美味しすぎてやばいやつ。カタクチイワシをワインビネガーでしめてオリーブオイル、ニンニク、パセリでマリネにします。

チャンケーテス

スペイン南部、マラガの町を訪れたら絶対トライしたいのがカタクチイワシの稚魚のフライ、チャンケーテス (Chanquetes) です。スペイン版のシラスで、詳しくはこちらの記事にまとめました。

サルディーナス・アサーダス

イワシのバーベキューがサルディーナス・アサーダス (Sardinas asadas) 。ビーチ沿いのレストランで炭火で焼いているのを良く見かけます。味付けはシンプルに粗塩とレモン。シンプルなのが美味しい。

ラジャ・ア・ラ・ガジェガ

スペイン北部ガリシア地方を訪れたら、絶対食べて欲しいのがエイを使ったラジャ・ア・ラ・ガジェガ (Raya a la Gallega) です。エイは腐りやすい魚なので門外不出、ガリシア地方でしか食べる事ができません。詳しい事情、レシピはこちらの記事にまとめました。

アングラス

ウナギの稚魚をアングラス (Angulas) と呼び、最近滅多にお目にかからない食材ですが、偶に見かけると凄い値段が付いています。良くスーパーなどで見かけるのはカニカマみたいな、ウナギの稚魚をかたどった練り物。

トゥルーチヤ・ア・ラ・ナバーラ

ナバーラ風マス料理がトゥルーチヤ・ア・ラ・ナバーラ (Trucha a la navarra) です。スペインは海の魚だけでなく川魚も美味しい。マスのお腹に生ハムを詰めてオーブンで焼いた料理で、本当におすすめ。

絶対食べたいスペイン料理:海の幸

ガンバス・アル・アヒージョ

スペイン人達が愛して止まないエビ料理がガンバス・アル・アヒージョ (Gambas al ajillo) です。オリーブオイルにニンニクとパセリ、鷹の爪を入れて熱し、エビを加えた料理。エビ自体も美味しいのですが、このソースにパンを浸して食べるのも最高です。エビは基本的にこのアヒージョか鉄板焼き(a la plancha)で食べるのがベスト。

セント―ジョ

スペイン北部の名産で、毛ガニではなく角みたいなのが沢山生えてるワタリガニの一種がセント―ジョ (Centollo) 。お値段が時価となる高級食材ですが、ミソたっぷりで旨いです。

プルポ・ア・ラ・ガジェーガ

世界的に見てタコを食べる国は少ないです。スペインは日本に次いでタコの消費量が多い国。スペインを訪れたら絶対食べないと全力で後悔する事になる絶品のタコ料理が、プルポ・ア・ラ・ガジェーガ (Pulpo a la gallega) です。

プルポ・ア・ラ・プランチャ

スペインのタコは本当に美味しいのですがタコ料理にそれほどバラエティはありません。スペイン人が前述のプルポ・ア・ラ・ガジェーガが大好き過ぎるからでしょうか。プルポ・ア・ラ・プランチャはタコの鉄板焼きです。粗塩とレモンで食べます。

プルポ・フリト

スペインのアンダルシア地方を訪れたら、小さめのタコの丸揚げを食べて下さい。プルポ・フリト (Pulpo frito) と呼ばれますが、大きいタコの足だけを揚げたものが出てくる場合もあり、それは美味しいけれど普通です。

バラエティ豊かなスペインのイカ料理

チョピートス

イカの稚魚のフライがチョピートス (Chopitos) 。ビールのお供に欠かせない、スペイン人が愛して止まない食べ物です。地域によって呼び方が異なりプンティージャス (puntillas) と呼ばれる事も多いです。大きいイカのフライは普通なので、注文の時に小さいイカを所望する事を強調しましょう。

ボカディージョ・デ・カラマーレス

スペインの首都マドリッド名物で、バゲットの中にイカフライが大量に入っただけのやつがボカディージョ・デ・カラマーレス (Bocadillo de calamares) です。安いこともあっておやつに食べる人が多い。普通。

チピローネス・エン・ス・ティンタ

小ぶりのイカをイカ墨で煮た料理がチピローネス・エン・ス・ティンタ (Chipirones en su tinta) 。スペインのイカは小さいもの程美味しい、を忘れないようにしましょう。イカ墨煮込みは缶詰でも売ってるのでお土産にしましょう。味は所詮缶詰ですが、それなりに美味しいです。

カラマーレス・ア・ラ・ロマーナ

イカのローマ風を意味するカラマーレス・ア・ラ・ロマーナ (Calamares a la Romana) 。何がローマ風なのか分かりませんが、てんぷらに近いただの揚げ物で、普通より下。わざわざスペインまで来て食べるほどの料理ではありません。

カラマーレス・ア・ラ・プランチヤ

イカの鉄板焼きをカラマーレス・ア・ラ・プランチヤ (Calamarea a la plancha) と呼びます。新鮮なイカならこれが一番美味しい。とは言え驚きのない美味しさなので、小さなイカを狙って下さい。カラマーレスは大きなイカです。

サルピコン・デ・マリスコス

魚貝類に細かく刻んだトマト、ピーマン、玉ねぎなどの野菜を加えたサラダがサルピコン・デ・マリスコス (Salpicon de mariscos) です。作る人によって入る具が異なります。値段が安いと魚介類がカニカマだけだったりするので注意。

スペインのおすすめの貝料理

メヒジョーネス

スペインで一番ポピュラーな貝はムール貝、メヒジョーネス (Mejillones) です。スーパーでキロ当たり300円前後で購入出来ます。高い貝は素材の味を楽しむ為に、出来るだけシンプルな食べ方をしますが、ムール貝は色々な形で調理されます。

メヒジョーネス・アル・バポル

ムール貝の白ワイン蒸しがメヒジョーネス・アル・バポル (Mejillones al vapor) 。一番シンプルな食べ方ですが、素材の味を一番楽しめます。めちゃ簡単に作れるので、レストランで食べるより家で食べる事の方が多いです。

メヒジョーネス・ア・ラ・マリネ―ラ

漁師風のムール貝、メヒジョーネス・ア・ラ・マリネ―ラ (Mejillones a la marinera) は、トマトのソースでムール貝を煮た料理です。美味しいけど濃いめの味付けなので、ムール貝の磯の香が全くなくなるのが結構嫌。

メヒジョーネス・ア・ラ・ビナグレタ

ムール貝のマリネがメヒジョーネス・ア・ラ・ビナグレタ (Mejillones a la vinagreta) です。細かく刻んだトマト、玉ねぎ、ピーマンなどがムール貝の上にのっているので、サラダ感覚で食べます。

ティグレス

ムール貝入りのベシャメルソースを殻の中に詰め、パン粉をまぶして揚げた料理がティグレス (Tigres) です。美味しいけれどジャンキーな味。安い店だと殆どムール貝の味がしません。

オストラ

生カキ、オストラ (Ostra) はフランス人が大好きな食材。スペインでも北部限定で生ガキを食べます。でも基本的にスペイン人は生の魚介類を好みません。

ビエイラ

スペインの北部はホタテ貝、ビエイラ (Vieira) でも有名な土地。生で食べる事はなく、鉄板焼き、またはオーブンで焼いて食べます。

ナバッハス

スペイン人が崇拝するのがマテ貝、ナバッハス (Navajas) です 。お値段が時価になる事が多いのですが、日本で食べるより断然安いです。オリーブオイル、パセリ、ニンニクで味付け、レモンを絞って食べます。

ぺルセべス

スペインの最高級食材の一つがペルセべス (Percebes) 。ガリシア地方名物の貝で、波が激しく打ち付ける岩にしか生息しないので、捕獲が大変困難。希少価値からの価格の高さなので、そんなに美味しいものでもない。まつたけみたいなもん。

スペイン料理の珍味

カラコーレス

スペインのカタツムリはカラコーレス (Caracoles) と呼ばれます。地方によって大きさが異り、スペイン北部はフランスのエスカルゴに近い感じ。南部はもっとこぶりのカタツムリです。季節になると道端で近所の人が、バケツに入れて売っています。

オルティギジャス・フリタス

スペイン東部から南部にかけての海岸線の港町限定で食べる事ができるイソギンチャクのフライがオルティギジャス・フリタス (Ortiguillas fritas) 。海の香りがブワっと口の中に広がって美味しいのですが、スペイン人ですら食べたがらない珍味です。日本人は絶対に好きな味。

ウエボ・デ・ムホル

酒飲みが泣いて喜ぶスペイン版カラスミがウエボ・デ・ムホル (Huevo de mujol)。色々な種類があって極めて日本のカラスミに近いものもあります。

ウエバス・デ・ぺスカード・ア・ラ・ビナグレッタ

魚の卵のマリネがウエバス・デ・ぺスカード・ア・ラ・ビナグレッタ (Huevas de pescado a la vinagreta) です。魚卵はスペイン南部のアンダルシア地方ぐらいでしか食べなかったのに、最近その美味しさに目覚めたようで、スーパーでも売られるようになりました。

美味しいスペイン料理:肉系

チュレトン

チュレトン (Chuleton) は1キロ以上ある大きな塊の骨付きステーキを意味します。スペインの牛の赤身の肉は本当に美味しいので、絶対に食べて下さい。霜降り信仰がなくなります。特にマドリッド近郊の街、アビラの肉が最上級とされていますが、ガリシア地方とバスク地方のチュレトンも有名。

ラボ・デ・トロ

牛の尾の煮込みがラボ・デ・トロ (Rabo de toro)。アンダルシアとか闘牛の盛んな地方でよく食べる料理です。プルプルしたゼラチン質の肉が美味しい。

カチョポ  

スペイン北部アストゥリアス地方の名物郷土料理がカチョポ (Cachopo) です。牛肉の間にチーズと生ハムをはさんで揚げたもので、地元の人から大変愛されている料理です。特徴は常識外れな大きさ。

コチニージョ・アサ―ド

コチニージョ・アサ―ド (Cochinillo azado) は、生後間もない、乳飲み子の子豚を丸焼きにした残酷料理。子豚が本当に丸ごと出てくるので、繊細な人にはキツイ。しかしこれが至福の味。セゴビアの街の子豚の丸焼きが一番有名です。

ラコン・ア・ラ・ガジェーガ

スペインは生ハムで有名ですが、北部ガリシア地方ではローストハムの方が好んで食べられています。ガリシア風ハム、ラコン・ア・ラ・ガジェーガ (Lacon a la Gallega) は、かなり肉厚の肉の味が濃いハムで、スーパーで売っているボンレスハムとはかなり違います。

ラコン・コン・グレロス

スペイン北部ガリシア地方の名物料理がラコン・コン・グレロス (Lacon con grelos) 。豚のもも肉のブロックをグレロスと呼ばれるガリシア地方にしかない野菜と一緒に煮込んだもの。優しいお袋の味がします。

セクレト 

スペインを訪れたら絶対食べたいのがイベリコ豚。普通の豚肉とは全く味が異なります。あなたの豚肉の観念を変えてしまうでしょう。特にお勧めなのがセクレト (Secreto) と呼ばれる脂身たっぷりの部位。ほんのり甘くて最高に美味しいです。

ピンチョ・モル―ノ

アンダルシア地方の名物、豚肉の串焼きがピンチョ・モル―ノ(Pincho moruno) です。アンダルシア地方はかつてイスラム教徒に征服されていたので、影響を受けた食べ物が多いです。豚肉ではありますが、スパイシーな味付けがかなりイスラム風。

ロモ・アル・トシーノ

豚の背肉をラードに漬けたのがロモ・アル・トシーノ (Lomo al tocino) で、アンダルシア地方の名産です。朝ごはんにパンにのせて食べます。白いタイプと赤いタイプがあって、赤いのはトウガラシが入るのでピリ辛です。

セラニート

アンダルシア地方名物の、豚の背肉、生ハム、揚げたピーマンをバゲットに挟んだサンドウィッチがセラニート (Serranito) です。トマトや卵焼きが入るバージョンもあるけれど、シンプルな方が美味しいと思います。

オレハ・デ・セルド

スペインでは豚は捨てるところなく全て食べます。豚の耳、オレハ・デ・セルド (Oreja de cerdo) は日本でもお馴染みなので食べやすいのではないでしょうか。

トレソネス

豚の皮つき脂身をカラッと揚げた料理がトレソネス (Torrezones) です。ビールのお供に最高。

コルデロ・レチヤル・アル・オルノ

乳飲み子の子羊のオーブン焼きがコルデロ・レチヤル・アル・オルノ (Cordero lechal al horno) です。残酷ですが、乳飲み子ってのは本当に美味しいです。肉が柔らかく羊とは言えクセがありません。全国何処ででも食べる事が出来ますが、スペイン中央部カスティーリャ・イ・レオン地方の名物です。

カブリート

乳飲み子の子ヤギをカブリート(Cabrito) と呼びます 。だから本当に申し訳ないんですけど、大変美味しいです。子羊のようにオーブン焼きでもいいのですが、ヤギは羊よりクセが強いので、はじめは煮込み料理から試してみるのが良いのではないでしょうか。

ポジョ・アサ―ド

よく店頭でグルグル回りながら焼かれてる鳥の丸焼きをポジョ・アサ―ド (Pollo asado) と呼びます。一羽丸ごと購入しても10ユーロ以内、更には美味しいです。お店によって味付けが異なるので、色々と試して下さい。半羽でも買えます。

ポジョ・アル・チリンドロン

赤ピーマン、トマト、玉ねぎなどで鶏肉を煮込んだ料理がポジョ・アル・チリンドロン (Pollo al chilindron) 。他の肉を使う場合もあります。普通に美味しい。

ぺドリス・トレダーナ

首都マドリッド近郊にある世界遺産の街トレドのヤマウズラを使った郷土料理がぺドリス・トレダーナ (Pedriz toledana) です。スペインは狩猟が今でも盛んな国。田舎だと狩によって捕獲された野生の動物料理が沢山あります。

ガスパチョ・マンチェゴ

ガスパチョと言えば普通はトマトの冷製スープを意味しますが、マンチェゴの言葉が付くと全く異なる料理となります。ガスパチョ・マンチェゴ (Gazpacho manchego) は、ウサギやとり肉などを野菜と一緒に煮込んだ料理。スペイン中央部、ラ・マンチャ地方の郷土料理です。

コネホ・アル・アヒージョ

スペインはかつてウサギの国と呼ばれるほど、そこかしこにウサギが居ました。色々な調理法がありますが、一番はニンニクと一緒にオリーブオイルで揚げ煮した、コネホ・アル・アヒージョ (Conejo al ajillo) です。

アルボンディガス

スペイン風ミートボールがアルボンディガス (Albondigas) です。肉団子を油で揚げて、ソースと一緒に煮込んで仕上げます。トマトソースが多いのですが、サフランを使った黄色いソースや、アーモンドの白いソースがかかった肉団子が最高に美味です。

美味しいスペインのソーセージ

スペインの腸詰類は本当に種類が多いので、別記事で調理の必要がないドライタイプのソーセージを詳しくまとめました。生ハムは勿論だけれど、スペインのソーセージ類も絶対に食べて欲しい。驚きの美味しさです。

チョリソ・ア・ラ・シードラ

ピリ辛の豚肉で作ったソーセージを、シードラと呼ばれるスペイン北部特産のリンゴ酒で蒸した料理がチョリソ・ア・ラ・シードラ (Chorizo a la sidra) です。ソーセージの旨味とリンゴ酒がミックスされたソースをパンでぬぐって食べるのがまた美味しい。

チストーラ

ナバーラ地方特産の豚の腸詰がチストーラ (Txistorra) です。細めでスパイシーな味付けが特徴。結構脂っこいのですが、それがいい、と言う人が多いです。

ブティファラ

カタルーニャ地方名物の太いソーセージがブティファラ (Butifara) です。白と黒、2つのタイプがあって黒いのには豚の血が入っています。オーブンでカリカリに焼いて食べるのが美味しい。付け合わせは何故か必ず白インゲン。注文すると結構なボリュームでやってくるので、一人で食べるよりシェアした方がいいです。

ソブラサーダ

バレアレス地方の名産の、豚の肉で作るパテタイプの腸詰がソブラサーダ (Sobrasada) です。 ピリ辛味で柔らかいのが特徴で、トーストしたバゲットに塗って食べます。

モルシージャ・デ・ブルゴス

マドリッド近郊のブルゴス地方名物の豚の血と米で作るソーセージが、モルシージャ・デ・ブルゴス (Morcilla de Burgos) です。モルシージャと呼ばれる豚の血のソーセージは、かなり癖があるので慣れていない日本人なら苦手な味です。でもブルゴス地方名物の米入りのだと、生臭さが緩和されすんなり食べられる事が多いです。

モルシージャ・デ・レオン

豚の血のソーセージが大丈夫な人は、レオン名物のモルシージャ・デ・レオン (Morcilla de Leon) がお勧めです。濃厚な味を楽しめます。

パタータス・ア・ラ・リオハーナ

ピリ辛のソーセージをジャガイモと一緒に煮込んだ料理がパタータス・ア・ラ・リオハーナ (Patatas a la riojana) です。ワインで有名なリオハ地方の郷土料理。

ハモン

生ハム、ハモン (Jamon) には階級があります。最上級はパタ・ネグラ (Pata negra) と呼ばれ、その中でもベジョータは最高峰の生ハム。山で放し飼いにされ、ドングリを食べて育つ黒い爪を持った豚の生ハムです。

メロン・コン・ハモン

高価な生ハムは敬意を持ってそのまま食べますが、安い生ハムならメロンと一緒に食べるのが美味しいです。メロン・コン・ハモン (Melon con Jamon) と呼び、安いハム特有の塩っ辛さがメロンの甘さで中和されて美味しくなります。

チャンピニオーネス・ア・ラ・プランチャ

大きなマッシュルームの中に生ハムとニンニクを詰めて鉄板焼きにした料理がチャンピニオーネス・ア・ラ・プランチャ (Champiniones a la plancha) です。もちろん安い生ハムを使います。とても美味しくて、スペイン人も大好き。専門店も多いです。

ケソ・デ・マンチェゴ

スペイン人はチーズを良く食べますが、フランスのような多種多様なタイプのチーズを食べている訳ではありません。ケソ・デ・マンチェゴ (Quezo de Manchego) と呼ばれるハードタイプのチーズを主に食べています。

ハードタイプのチーズですが、熟成期間によって柔らかさが異なり、牛、羊、ヤギと異なったミルクで作るので、同じマンチェゴタイプのチーズでも沢山の種類があります。基本的に牛→羊→ヤギの順にクセが強くなります。スペインのチーズに関しては、こちらの記事に詳しくまとめました。

小麦粉を使ったスペイン料理

クロケッタ

クロケッタ (Croqueta) は、小麦粉をバターと牛乳で煮詰めて作るクリームタイプのスペインのコロッケです。色々な具がありますが、生ハムのコロッケが一番定番。イカ墨や、ヤギのチーズとリンゴのコロッケなんかも美味しいです。

ミガス

固くなったパンを細かく削って油で炒めた料理がミガス (Migas) です。スペイン版チャーハンと呼ぶ人もいます。素朴な味で美味しく、定番の家庭料理だったのですが、作るのがメンドクサイので最近は余り家庭では作らなくなりました。レシピや詳しい歴史をこちらの記事でまとめました。

エンパナーダ・ガジェガ

ガリシア地方の名物がエンパナーダ (Empanada)と呼ばれる大きなパイです。パイ生地のエンパナーダもありますが、本場ガリシアのエンパナーダはパイとパンとクッキーが合わさったような生地。中身の具は色々あって、ツナやひき肉が主流ですが、タコで有名なガリシア地方なだけにタコのエンパナーダが一番お勧めです。

オルナッソ・デ・サラマンカ

サラマンカ地方を訪れたら絶対食べるべきパイがオルナッソ・デ・サラマンカ (Hornazo de Salamanca) です。肉やソーセージの他に、何だか色々はいった具沢山のパイ。

パステル・デ・カルネ・ムルシアノ  

ムルシア地方名産のパイがパステル・デ・カルネ・ムルシアナ (Pastel de carne murciana) です。サクサクのパイ生地の中に牛肉のミンチ、生ハム、ソーセージ、茹で卵、オリーブの実などが入ってます。個人的に世界で一番美味しい総菜パンだと、世界100ヵ国以上を食べ尽くした私が秘かに思っています。

スペインの美味しいジャガイモ料理

パタタス・ブラバス

スペインのジャガイモ料理の傑作がパタタス・ブラバス (Patatas Bravas) です。ポテトフライにピリ辛のソースがかかった料理で、美味しいのは本当に美味しい。当り外れの大きい料理ナンバー1で、酷いのになるとケチャップにタバスコかけただけだったりします。

パタタス・レボルコナス

ジャガイモのピュレーにピリ辛ソーセージやベーコンなどの肉類を混ぜて作るのがパタタス・レボルコナス (Patatas revolconas) です。

エンサラディージャ・ルサ

スペイン版ポテトサラダがエンサラディージャ・ルサ (Ensaladilla rusa) です。茹でたジャガイモにツナ、グリーンピース、人参、オリーブの実などを加え、マヨネーズで和えます。

パタタス・ア・ラ・カブラーレス

ポテトフライにチーズのソースを絡めた料理がパタタス・ア・ラ・ブララーレス (Patatas a la cabrales) です。スペイン北部アストゥリアス地方の名物である、ヤギの乳で作るピリ辛のカブラーレスチーズを使います。前述のスペイン風ポテトサラダより断然美味しいです。

パタタス・アリオリ

ジャガイモをニンニクとオリーブオイルで作るソースで和えたのをパタタス・アリオリ (Patatas alioli) と呼びます。アリオリソースはスペインではマヨネーズより人気があり、魚フライや肉料理、色々なものに使います。

おすすめのスペイン料理:野菜系

ピミエントス・デル・ピキージョ・レジェ―ノス

小型で肉厚な赤ピーマンの中に、色々な詰め物をしたのがピミエントス・デル・ピキージョ・レジェ―ノス (Pimientos del piquillo rellenos) です。中の具はツナやタラなどの白身の魚や肉をベシャメルソースで和えたものが多い。とても応用力のある美味しい料理なので、色々なバージョンを楽しんでほしい。

パパス・アルガーダス 

カナリア諸島の名物ジャガイモ料理がパパス・アルガーダス (Papas arrugadas) です 。この地方特産の小さなジャガイモを皮ごと茹で、赤と緑のソースで食べます。カナリア諸島の独特のソースでピリッとスパイシーで美味しいです。

エスカリヴァダ

エスカリヴァダ (Escalivada) は、カタルーニャ地方の郷土料理で、トマト、赤ピーマン、ナスなどをオーブンで焼き、オリーブオイルでマリネにした料理。ベジタリアンの人達から絶大な人気を誇ります。

ピスト

スペインの家庭料理の定番がピスト (Pisto) です。油で揚げたナス、ズッキーニなどの野菜をトマトソースで和えたもの。卵焼きと一緒食べます。レストランで食べる料理ではなく、おうちご飯の代表格。

ガスパチョ

スペインの夏の定番料理が、トマトの冷製スープガスパチョ (Gazpacho) です。初めて口にするとドレッシングのようでキツイかもしれません。でも慣れると確実にはまります。暑い暑いスペインの夏に欠かせない食べ物です。

サルモレッホ

ガスパチョよりドロドロしたトマトの冷製ソースがサルモレッホ (Salmorejo) です。ビネガーをそれ程入れないので優しい感じ。アンダルシア地方のコルドバの郷土料理だったのですが、今では全国で食べられています。

カルソターダ

バルセロナを中心としたカタルーニャ地方の名物料理がカルソターダ (calcotada) と呼ばれるネギのバーベキューです。地元の人でないと食べる事が難しい料理なので、運よく食べる事が出来たら、幸運を噛みしめながら食べて下さい。超絶に美味。カルソッツと呼ばれる事も多い。詳細を別記事にまとめました。

ピミエントス・デ・パドロン 

小ぶりなピーマンに塩をふって揚げただけのシンプル料理がピミエントス・デ・パドロン (Pimientos de Padron)。これがもう美味し過ぎて、ビールがどんどん進みます。スペイン人と飲みに行くと、とりあえずこの料理をオーダーする事が多いです。

スペインの豊富な豆料理

コシード・マドリレーニョ

マドリッド風の豆の煮込みをコシード・マドリレーニョ(Cocido madrileño) と呼びます。マドリッドの名前はついていますが、今では全国何処ででも食べられている家庭料理です。ヒヨコ豆に肉や野菜と一緒にコトコト煮込んで作ります。寒い冬に欠かせない、栄養価満点のポタージュです。

ファバーダ・アストゥリアーナ

アストゥリアス地方名物の大きなインゲン豆を、ソーセージや肉と一緒にコトコト煮込んで作る伝統的な家庭料理がファバーダ・アストゥリアーナ (Fabada asturiana) です。前述のコシードと人気を分ける冬の定番料理。

コシード・モンタニェス

スペイン北部、カンタブリア地方の豆を使った郷土料理がコシード・モンタニェス (Cocido montañes) です。マドリッド風はヒヨコ豆を使いますが、カンタブリア地方では白いんげん豆を使います。肉や野菜が沢山入った豆の煮込みは寒さの厳しい北の人達には必需品。

レンテーハス

スペイン全土で食べられているレンズ豆スープをレンテーハス (Lentejas) と呼びます。肉やソーセージと一緒にコトコト煮込むので、前述の豆料理と同じ分野ですが、レンズ豆は他の豆よりライトなので、メイン料理としてではなく、前菜のスープとして登場します。

ファベス・コン・アルメッハス

スペインのアストゥリアス地方はグルメな土地として有名です。海と山に囲まれた土地なので、海の幸も山の幸も両方使って作る料理が多いです。アストゥリアス地方を代表する豆料理が、ハマグリを大きなインゲン豆と一緒に煮たファベス・コン・アルメッハス (Fabes con almejas) です。

カジョス

スペイン人が大好きな臓物の煮込みがカジョス (Callos) です。スペイン南部ではヒヨコ豆が入る事が多いです。マドリッド近郊では臓物のみ。

スペインの美味しいスープ

カルド・ガジェーゴ

日本人なら嫌いな人はいないガリシア地方のスープがカルド・ガジェゴ (Caldo gallego)。これ食べると何だか懐かしい気持ちになります。味噌なんて使ってないのに何だか味噌汁の味がします。ベルサと呼ばれるガリシア地方にしかないほうれん草みたいな野菜を使って作るので、ガリシア地方じゃないと食べれません。

ソパ・デ・アホ・カステジャーナ

IMG_6051

カスティージャ・イ・レオン地方の郷土料理、ニンニクのスープ(Sopa de ajo castellana)です。固くなったパンをリサイクルするレシピで大量のニンニクと卵が入ります。

アホ・ブランコ

アンダルシア地方名物のニンニクの冷製スープがアホ・ブランコ (Ajo blanco) です。白い色が特徴。美味しいのですが、見つけるのが困難。ニンニクとアーモンドが主材料です。

マサモーラ

アンダルシア地方のコルドバの郷土料理の、アーモンドで作る冷たいスープがマサモラ (Mazamorra) です。美容と健康に良いアーモンドをたっぷり使ったスープで暑い夏にもってこい。地元の人に作ってもらった本場のレシピをこちらに掲載しています。

スペインを代表するソース

モホ・カナリオ

カナリア諸島名物のピリ辛ソース (Mojo Canario) 。赤いのと緑、どちらも美味しいです。ポテトにかけたり、肉や魚にも良く使います。

ロメスコ

Imagen 343

トマトとアーモンドをベースにしたカタルーニャ地方名物のソース (Romesco) 。野菜、肉、魚、何にかけても美味しい。なんならパンにこれだけ塗ってもいけます。作る人によってレシピが異なりますが、どんなレシピのものでも大変美味。

Alioli アリオリ

ニンニクがめちゃきいてるピリ辛ソース。マヨネーズみたいな見た目で、マヨネーズをかけたいなと思うような食べ物には絶対的にアリオリが合うと思います。スペインでは基本的にマヨネーズよりこのアリオリソースの方が好まれます。

スペインのおすすめのデザート

bunuelos de crema ブニュエロス・デ・クレーマ

クリームが入った揚げドーナツ。イースターの季節に良く見かける季節のお菓子です。最近色々な種類のクリームが登場していて楽しいです。

Crema catalana クレーマ・カタラナ

名前が示す通りカタルーニャ地方名物のデザート。ゆるゆるプリンの上に砂糖をふりバーナーで溶かしてキャラメル飴状態にしたもの。普通に美味しいだけなので無理して食べる事はないかと思います。

Churros con chocolate チューロス・コン・チョコラーテ

スペイン人が休日の遅めの朝食に好んで食べているのがこれ。日本でもお馴染みのチューロと呼ばれる揚げドーナツにチョコレートをひたして食べます。チューロスより太目のものがポラス。

Turron de Jijonaトゥロン・デ・ヒホーナ

トゥロンはスペインのクリスマスに絶対的に欠かせないお菓子。アリカンテ地方にあるヒホーナの街のトゥロンが一番有名で、アーモンドとハチミツだけで作ります。トゥロンに関する詳細は別記事にまとめました。

Roscon de Reyes ロスコン・デ・レジェス

スペインではサンタクロースではなく東方の3賢者と呼ばれる人達が1月5日の夜中にプレゼントを配りにやってきます。1月6日に家族全員が集まって、貰ったプレゼントを自慢し合うのですが、その日に欠かせない食べ物がロスコンです。この季節にしか食べられないクリームの詰まった大きなパン。美味しいです。

Mantecado マンテカード

クリスマスの定番のお菓子。マンテカードの無いクリスマスなどあり得ない程必ず食べます。そしてクリスマス以外では見かける事のないクッキー。バターの代わりに豚のラードを使うのが特徴です。

Polvoron ポルボロン

マンテカードに似ているけれど、もっと柔らかく手で触っただけで崩れるような焼き菓子。スペイン人の中には食べる前に手でグチャッと潰してから口に入れる人も。

Arroz con leche アロス・コン・レーチェ

スペインを代表するデザートのお米のミルク煮。初めて見た時は衝撃的だったけど慣れると最高に美味しいです。シナモンとレモンが入ります。

Torta de aceite トルタ・デ・アセイテ

日本へ帰国する時は必ずお土産に買って帰るオリーブオイルで作る薄焼きクッキー。病みつきになる美味しさです。ただアニス酒の独特な香りがあるので苦手な人もいるかも。

Tocino de cielo トシーノ・デ・シエロ

卵の黄身と砂糖で作る濃厚なプリンみたいな極甘のお菓子。エスプレッソコーヒーと合わせて食べると美味しいけど、量は食べれない。

Mazapan マサパン

アーモンドの粉と砂糖をねって焼き上げる極アマの菓子。トレドのマサパンが一番有名です。スペインに限らずヨーロッパではマサパンを良く食べます。

Panellets パナジェッツ

カタルーニャ地方の郷土菓子。マサパンを松の実でコーティングしてオーブンで焼いたもの。マサパン嫌いな私にはどうでもいいお菓子だけど好きな人は好き。

Tarta de Santiago タルタ・デ・サンティアゴ

ガリシア地方の郷土菓子で、アーモンドの粉、卵、砂糖で作るケーキ。小麦粉ではなくアーモンド粉を使うので独特の風味を持ちます。

Torrijas トリッハス

イースターの季節になると良く出回るお菓子ですが、最近は年間を通して見かけるようになりました。。フレンチトーストを油で揚げたお菓子。パンは食パンではなくバゲットを使います。揚げた後に蜂蜜につけます。

Ensaimada エンサイマーダ

巻貝のような形をしたパン。何処でも食べれるけどマジョルカ島のエンサイマーダが一番有名です。注目したいのはそのでかさ。17世紀頃から存在する、由緒正しきお菓子というか菓子パン。

スペインを代表するドリンク

サングリア

スペインと言ったらサングリア。ワインに果物をたっぷり入れて作るインスタ映え抜群の飲み物です。ワインだけでなく、強いお酒も入れて混ぜるので、見かけによらず結構危険な飲み物。レシピを含めてサングリアに関する全てを別記事にまとめました。

スペインを訪れたら絶対食べるべき料理

今回はスペイン在住20年の間に食べた、全てのスペイン料理をまとめてみました。その中でも絶対に食べるべき美味しいスペイン料理は、こちらで写真付きで紹介しています。

 - スペイン, 世界のグルメ, 南欧 , ,